スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急増するペットロス症候群(やまと新聞) 

急増するペットロス症候群 (やまと新聞)


16-04-25 22:13 配信


ペットロス症候群とは、ペットとの別れなどというストレスが契機となって発症した精神疾患を言い、精神症状に付随して身体症状を伴う場合も少なくえない。 最近、このような精神的・身体的障害が起こる原因として、飼い主のペットを伴侶動物(コンパニオンアニマル)としての位置づけが挙げられている。




そのペットと過ごした時間が長いほど、そして深い愛情を持って接していたほど、失った時のショックは大きく、症状も重くなりやすい傾向がある。「失う」というのは、死別であることが多いですが、ペットが突然いなくなってしまうケースや別の人に引き取られるなどのケースも含む。



ペットロスで生じる症状は様々だが、ペットを失ったストレスやショックが原因だから、うつ症状を認めることが一般的だ。




具体的には、


・深い落ち込み


・何にも関心・興味が持てなくなる


・何も楽しめない、喜べない


・常にだるい


・眠れない


・食欲が出ない


・集中できない


・やる気がでない


・自責感、罪責感




などが生じる。うつ症状だ




ペットロス症候群はペットを飼っている人であれば誰しもがなってしまう可能性があり、克服までにどれぐらいの時間がかかるかは分からない。



ペットロス症候群を克服するためには、まず愛するペットの死と向き合い、思う存分ペットのことを思って泣くことだと言われている。



これは人間の喪失と同じだ。グリーフ(喪失による悲嘆体験の総称。英語のgrief)の精神医学や悲嘆心理学の分野では、悲嘆時に表われるさまざまな容態やエピソード(できごと)の呼称として伝統的に「症状」や「症候」(いずれも英語のsymptom)という医学用語、さらにはっきり言えば病理用語を用いて来た。




これを克服する段階で、大切な存在を亡くしてしまった喪失感を表に出すことも大切だ。 自分の気持ちを上手く整理し、ペットロス症候群を克服するためだ。もしうつ状態や空虚感、または頭痛や吐き気などのペットロス症候群の症状が1ヶ月以上も続くようであれば、克服するために躊躇わず病院へ行く必要がある。



最近では動物病院でもペットロス症候群の克服に力を入れ始めているので、精神科や心療内科に行きづらければ、かかりつけの動物病院の先生にまず話を聞いてもらうといい。



 *********************


 魂の問題はペットロスよりも深刻である。
 魂を切り刻んだペテン医者、地獄に堕ちろ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/537-a89de905

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。