スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃費実験データ改竄 

 三菱自動車の燃費実験データ改竄。
 消費者を欺いた三菱自動車。
 株価暴落。直ちにニュースになる。

 患者を故意に欺き、不必要な手術へと誘導し、強い痛みと眩暈を引き起こし、説明を拒否したのみならず、患者を侮辱・暴言の数々。。。

 心身を冒涜し、人生を破壊した。

 それでも、医者は医者が守ってくれる。どんな仲間が守ってくれるのか。

 どんな名医でも、手術に失敗することもあるだろう。

 けれども、故意に虚偽の説明をすることは許されない。

 繰り返し約束したにもかかわらず、未熟女医に執刀させた。

 カルテ開示しなけれれば解らなかった。患者をバカにしている。虫けら扱いだ。

 病気の状態・治療方法・執刀医・・・ すべて嘘。。。

 これほどの嘘で患者の人生を破壊しても平気でいられるとは、頭がおかしいのではないか?

 ペテン医者の頭を開いて見てみたいものだ。


 

  神、すべてを知り給ふ。


試験・身分制度の根深い害 から

事実追究を阻む学校教育
2016年04月15日 | 日記


>この株売買授業は各学校の裁量で採用されたものだと思いますが、そうであれば学校が授業内容を自由に選択できるという仕組みにも疑問を感じます。193655

と書かれていますが、

>株取引のシミュレーションゲームを授業でやっている中学校、高校が1400校193655

であれば、自由選択というのはおかしい、なんらかの意志が働いての結果だと思います。

身近に聞いた事例としても次のようなケースがあります。
同様のケースは多いんじゃないでしょうか?


【その1】
知り合いの女子高生(高2)が、学校で「地球温暖化の原因はCO2」だと教えられて違和感を持ち、自分で勉強したあと「CO2は原因ではないのでは?」授業中に先生に尋ねた。
しかし、答えに窮した先生は、その女子高生を授業から追い出してしまった。

【その2】
会社の同僚の娘(高1)が、やはり学校で「地球温暖化の原因はCO2」だと教えられた。
カリキュラムどおり、このテーマについてネットで探索していたところ、CO2だと決め付けるのは無理がある、ということが分かりはじめ、友達との間で追究が白熱してきた。
しかし、母親にこの話をしたところ、「教科書どおりに覚えないと大学に受からない。頼むからやめてくれ。」と言われ、断念した。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/532-2e9824d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。