スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因究明は必要ない? 

 2015/9/23  「医療情報の公開・開示を求める市民の会」シンポジウム  

 勝村久司さん(産科医療保障制度再発防止委員、被害者遺族)の発言

ハーバード大学教授、李啓充医師のコメント





 米国科学アカデミーの「To Err is Human」という報告書は、医療過誤を「治療が予定されたプラン通りに実施されなかった、あるいは、予定したプランが初めから間違っていた」と定義しています。『ちなみに、インフォームド・コンセントは 「医療者が患者と共同の治療目的を設定して、その目的を達成するために治療プランを作成するプロセス」 と定義されますので、米国科学アカデミーの医療過誤の定義は、「インフォームド・コンセントで患者と取り決めたことが守られなかった、あるいは、誤った情報をもとにインフォームド・コンセントが作成された」と置き換えることができます。


 しかし、日本における医療過誤は、「医療の側がインフォームド・コンセントのプロセスを端から無視している」ケースが目立ち、米国科学アカデミーの定義からすると「医療過誤」の範疇には入れてもらえません。インフォームド・コンセントという現代医療の根幹に関るルールを無視するようなケースは、「過誤(善意が前提となった行為の誤り)」として取り扱うべきではなく、「悪意をもってなされた犯罪」として取り扱うべきだからです。
 

 伝え聞きます枚方市民病院のケースも、「過誤」というよりは「犯罪」の範疇に属するもののように思います。「リスクマネージメント」とか「医療の質の管理」とか、テクニカルな努力で医療過誤を減らそうという努力も勿論大切ですが、それ以前の問題として、医療の側がインフォームド・コンセントのルールを守ることで、日本の「医療過誤」から「悪意をもってなされた犯罪」の部分を取り去ることが肝要かと思います。



 ************************


  医療被害には、善意の医師によるミスと、明確な悪意による犯罪の二種類があります。

 殺意を持ってなされた医猟を『医師の裁量権』などと言って、被害者を泣き寝入りさせているのは、強姦被害者を泣き寝入りさせるのと同様です。 医師の犯罪だなどと主張すれば、『お金欲しさだろう』と、さらに被害者に侮辱を重ねるという理不尽な鞭打ちがなされます。

 ならば、金銭の賠償なしで、事実を追求する仕組みを作るべきです。 金銭賠償とは次元の違う問題です。 生命より大切な魂の問題なのです。 政治家も司法も怠慢である。 警察は、ならず者病院の共犯者である。 お金で縛られているのか、警察も政治家も北朝鮮には手も足も出ない。 これと同様なのか。。。




術後一カ月で仕事復帰と説明したにも拘らず、半年以上も続く 『痛みの原因を知りたいというような性格は改めるべきやなぁ!』と言い放った院長。。。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/525-3c6a2462

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。