スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手術ありき」の説明 群馬大病院 

YAHOO!JAPAN ニュース 
 

群大死亡 遺族「手術ありき」
2015年9月26日(土) 8時26分掲載 .

Movie


群馬大肝臓手術 遺族「手術ありきの説明」 
 
 群馬大学病院で同じ男性医師による肝臓手術を受けた後、患者が相次いで死亡した問題で、25日夜、遺族が会見を開き、「簡単な手術だと言われた」「手術ありきでそれしかないという形での説明」だったなどと訴えた。(日本テレビ系(NNN))
[映像ニュース] .

病院の対応に不信感

 群馬大病院30人死亡 遺族、弁護団「質問書兼要望書」提出

 反論文には「1時間以上かけて説明した」などといった記載があったが、遺族の1人は「1時間以上の説明があれば、もっと違う印象が残っているはず」と執刀医らの反論に不快感。
 産経新聞(2015年9月26日)


 群馬大学病院腹腔鏡手術 遺族ら、病院の対応に不信感あらわに

 フジテレビ系(FNN)(2015年9月26日)

同じ医師の手術で30人が死亡

 群馬大病院さらに12人死亡、同じ医師の手術後
 TBS系(JNN)(2015年9月26日)

 群大病院、死亡率6倍…13・79% 平均は2%台
 読売新聞(2015年1月16日)

 【日本の議論】「腹腔鏡手術」決して安全なわけではない 群馬大病院「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
 産経新聞(2015年2月7日).

※リンク先が削除されている場合があります。



****************


 7人に1人の割合で死亡でも仕方ないというほどの重病だったのでしょうか。遺族によると、「簡単な手術だと言われた」「手術ありきでそれしかないという形での説明」だったそうです。騙して手術したということではないでしょうか。ならば、ミスではなく、故意に偽りの説明をして、 手術の材料にしたということです。

 これは過誤ではなく犯罪です。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/407-2ba34afc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。