スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦地でも外務省は害務省 


大和心の回復を!

 田形竹尾氏(元 特攻隊員・教官)の証言

 占領地では熱狂的な歓迎を受けた。

 アジア人が白人を追放してくれたと、熱狂的な歓迎だった。

 占領地の軍人が怒っていたのは外務省の役人である。

 占領したらすぐに外務省の役人に渡す。軍政は軍人ではなく役人がやる。 役人が軍服に似た服を着て、軍刀を吊って、拳銃も持っている。 現地人は彼らを軍人だと思っている。 それが日本不信の原因。

 役人が威張る、そして中国・満洲では朝鮮人が威張るので、中国人は朝鮮人(当時は日本人)が大嫌いだと言っていた。

 兵隊は外務省役人を許せないと、怒っていた。

 【創立12年目SP】チャンネル桜の大東亜戦士たちー田形竹尾編


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
英霊の声を聴け!

大和心の回復を!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/395-ecdb6454

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。