FC2ブログ

投票権は祖先から相続した財産である 


インチキとの宥和は許さない!


 投票権は我々の祖先から相続した財産である。相続したものは責任を持って子孫に伝えてゆかねばならない。現在生きている我々は、過去と未来に対して責任がある。

 戦死した人たちの投票権は無視されてきた。殺された人たち、苛めで自殺に追い込まれた人たち。。。 『死んだ者より生きている者が大事』と言う人たちのおぞましさ。

 勝ち負け・損得がすべてだという事が前提になってしまっているのか。死者の声を聞こうとしない、畏れも祈りも知らないならず者。
 
 祖先から預かった有形・無形の財産を勝手に処分してはならない。毀損してはならない。毀つことなく子孫に手渡してゆくことが我々の使命である。

 勝手に処分してしまうのは、放蕩息子である。放蕩息子の手にかかれば、跡形もなく消えてしまう。
 
 今の政治家は、放蕩息子である。国を売るよりほかに取り柄がない。
 
 拉致被害者も放置・TPP・外国人参政権・英語教育・年次改革要望書・移民推進 ・・・
 
 売国政治家を支持している国民も放蕩息子。
 
 喉を絞められているような恐ろしさ。


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
日本は日本人の国である

インチキとの宥和は許さない!

(2015/6/17)

 日本国総理は、

 罪なきものを罪に落とし、侮辱・毀損してきた自国民に対して謝罪すべきである。
 
 罪なき我が子を虐待した親の責任は重い。猛省すべきである。

 子供が苛められたら、事情も効かず、『反省しろ』と要求する親は、苛める他人よりも罪が重い。

 トラウマから解放されて、立ち直るためには、まず親が反省・謝罪すべきである。

 我が国が、慰安婦だの、南京大虐殺だの・・・、集中砲火を浴びるようになったのと、バブル崩壊・景気悪化とはシンクロしている。

 大きな犯罪には引き込み役がいる。

 今更、無実を主張するなど馬鹿げている。みんな知っているのだから。

 
 これ以上不当に冤罪に落とすなら、こちらも覚悟があると、宣言すべきだ。

 拳を振り上げて見せるくらいはしなければ、汚辱のうちに、嬲り殺しにされる。



 罠に嵌められた冤罪被害者の、怨嗟・憤恨が解らないのは、想像力が欠如しているからだ。

 テレビや映画によって、脳みそが腐ってしまったのだ。

 不潔・凶暴な音楽によって、魂が汚されてしまったのだ。

 
 罪なき子を虐待した親と徹底的に対決しなければ、問題は解決しない。

 虐待された子の才能も、未来も奪ってしまうことが解っているのか。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/357-f6a1d7b1