FC2ブログ

1分後にばれる嘘でも吐く、目的のためには・・・ 


インチキは許さない!


 己の欲望の為には平気で嘘を重ねる。 理解不能です。 相手を嵌める為の『嘘』に対しては、はらわたが煮えくりかえります。

 乗客が勝手にイベントを行うことは長崎市の条例で禁止されているにも拘らず、軍艦島で "慰霊祭” を催す予定で、お供え物や声明文を準備してきた。

 軍艦島クルーズは、許可を受けた船しか立ち寄ることが許されず、乗客にも禁止行為をしないという誓約書の提出が義務付けられている。


小坪しんや氏のブログから

韓国人の上陸を拒否した軍艦島

世界遺産の登録を阻止しようと軍艦島と高島への上陸を計画する韓国人の一行と同じ14時発のブラックダイヤモンド号船に乗った。



長崎港内を軽快に走る船だったが、伊王島近辺で、急に船足が落ち停止、 漂流を始めた。

「エンジントラブルです。修理をしています。」

と言うアナウンスが流れた。なんとか伊王島までは辿り着いたが、スラスターも効かないらしい。

やがて「本日の運行は中止です」とアナウンスとともに乗客のため息がもれた。



「軍艦島が拒否したな・・・」と直感。

桟橋で韓国人のグループが報道に囲まれて取材を受けていた。


そこでおとなしく帰れば何もなかったのだが、おもむろに紙をひき、お菓子や線香を並べ始めた。



「おい!何やってんだ?」
「死んだ肉親にお参りしてるんです。邪魔しないでください。」と案内役らしき人物。

「ここは公共の桟橋だ。許可はもらったのか?」
「お参りするのに許可はいらないでしょう?」

「お参りは墓でやるもんだ。許可がないならもらってこい!」
「じゃあもらってきます。」


約1分後、「許可をもらってきた」という。
「どこからもらったんだ?」
「あっちから」と船着場の事務所を指す。

行って確認。「許可なんて出していない」という。
伊王島町役場にも確認。「桟橋でのそのような行為は許可できません」と結局、嘘をついていた事が発覚。

戻ると、もうやっていたので、
「許可はされていない。この集会をやめろ!ここはお前らの国じゃないぞ。」 と繰り返し言うが無視して声明文を読み上げている。



確実にケンカ売ってる・・・。

しばらくすると一応終わったんだろう。ゾロゾロ引き上げる。

「ここは日本だ。法治国家だ。筋を通せばちゃんとやらせてやる!やるならちゃんと許可を受けてやれ!」

と追い立てていると、NBCのカメラマンが「お前どけ!」と押してくる。
そこでNBCのカメラ・音声ともみ合いになった。

片言の日本語を話す木村という案内役に
「俺は喧嘩しに来てるんじゃないんだ。やるならちゃんと許可とりなさい。」
と諭すが、今度は「船長に許可をとった」という。
早速、確認したが船長も「出していない」と言う。

結局、案内役の木村は2度も嘘をついた。


帰りに、NBCの記者と問答になった。
「あんたらメディアは、法律違反と知っててもそれを撮って美談にする。
その姿勢はおかしいと思わんか?許可取ったと2回も嘘ついてるんだぞ」

「あなたは肉親が死んだ韓国の人たちのその悲しみをもっとおおらかに受け入れてあげられないのか?」

「日本人の方がもっと死んどるわい!まずは法律を守った上でやるのが筋だろう。それをメディアが無視するのがおかしいと言っとるんだ。
戦後70年経ってやっと初めて来たんだろう?しかもこのこのタイミン グで来ることがおかしいと思わんのか?」

「それはあなたの考え。私はそう思わない。亡くなった人たち を思うこの人達の純粋な・・・」

と言っていたところで乗客から
「報道の姿勢はおかしいもんな。」と声が上がり、記者もそそくさと引き上げる。

その後、記者から取材を受けたが、反映されることはないだろう。
6時のニュースには、あれだけ抗議した私の姿は見事にカット・トリミン グされていた。

報道機関の偽善と偏向ぶりにはほとほと呆れてものも言えない。
(ここまで)



 嘘がばれたら、問題をすりかえて済まそうとする。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
ご訪問ありがとうございます

インチキは許さない!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/319-2a4a9017