FC2ブログ

中国は小国いじめはしない、小国も理由なく騒ぎ立てるべきではない 

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
応援ありがとうございます

ペテン医者の野放しは許さない!

外交部、「中国は小国いじめはしない、小国も理由なく騒ぎ立てるべきではない」―中国メディア FOCUS-ASIA

中国外交部の華春瑩報道官は26日に北京で、「フィリピン側の一部の人間が最近、南シナ海問題で活発に動いている」と述べた上で、「中国は小国いじめはしないが、小国も理由なく騒ぎ立てるべきではない。フィリピン側がただちに挑発行為を止めるよう求める」と強調した。26日付で国際在線が伝えた。

フィリピンのアキノ大統領は25日、同国の哨戒機は南シナ海の紛争海域での定例飛行を続けるとし、「中国は小国いじめをすべきではない」と述べた。同国のガズミン国防相も「カーター米国防長官との会談で、さらなる支援を求めたい」と語った。これに対し、華報道官は記者会見で、「フィリピンの一部の人間が最近、南シナ海問題で活発に動いているが、中国側の立場はすでに明確に述べている」と指摘。

「フィリピン側に好意で忠告したいのだが、中国は小国いじめはしない。だが、小国側も理由なく騒ぎ立てるべきではないと思う。フィリピン側がただちに挑発行為を止め、話し合いでの問題解決という正しい軌道に戻るよう求める」と強調した。

(編集翻訳 小豆沢紀子)



 本当の大国 なら自らを『大国』とは言わない。
 理由があるから騒いでいるのである。侵略しているのは中国である。

 

 自分が加害者であるという自覚があるからこそ、さらに猛々しく、傲慢に、相手を虫けらの如くに扱う。

  騙した患者に対して暴言で捩じ伏せようとした院長の盗人猛々しい態度と同じ。

 だが院長は、『話し合い』などする気はない。徹底的に患者を潰すことしか頭にない。

 『痛みの理由を知りたいというような性格を改めるべきだ!』、『この程度の手術どこでやっても同じや!』

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
応援ありがとうございます

ペテン医者の野放しは許さない!


庶民は踏みつぶされて泣き寝入り・・・日本も同じ。

【新唐人2015年05月13日】去年12月、山西省太原市で未払い給料を求めた47歳の女性、周秀雲さんが、警察に殴り殺されました。事件の裁判が5月20日に開廷されますが、裁判所は人権弁護士程海さんが代理人になるのを阻止しています。これに対し、周さんの夫が裁判所前で1週間以上、ハンストで抗議しています。

周さんの夫、王友志(おうゆうし)さんが太原市中級裁判所の前でハンストによる抗議を行って6日目になる5月10日、人権活動家数名が現場を訪れたところ、王さんはすでに衰弱しきっていました。


広州市人権活動家 賈榀さん

「死者の夫はハンストを行って、6日目を迎えました。太原中級人民法院が程海弁護士の代理を許可しないからです。水だけを飲んでおり、顔色は青白く、気力もありません。すでに衰弱しています」


程海弁護士はかつて敏感な人権事件の弁護を行ったことで、司法局から弁護士業務を1年間停止させられました。中国の法律の規定では、一般市民の身分であれば代理が可能なはずですが、地元裁判所は許可しないそうです。



北京の人権弁護士 程海さん

「弁護士業務の停止を問題にしていますが、弁護士ではなく、一般市民の身分であれば、法律の規定では問題ありません」


去年12月13日、太原市の警察官、王文軍(おうぶんぐん)などが、未払い給料を求めて工事現場を訪れた周秀雲さんに暴行を加え、死亡させました。夫の王さんも殴られ、肋骨6本を折られました。事件から5ヶ月以上経って、5月20日からようやく開廷されますが、裁判所は程海弁護士の代理を許可していません。遺族は裁判所が犯人の警官をかばっていると提訴しましたが、裁判所は立件すらしていません。




新唐人テレビがお伝えしました。

http://www.ntdtv.com/xtr/b5/2015/05/11/a1196432.html (中国語)

(翻訳/坂本 ナレーター/水田 映像編集/李)


- See more at: http://jp.ntdtv.com/news/13575/妻は未払い給料求めて死亡+夫は断食で抗議#sthash.eeQPvGQz
.dpuf
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/309-2dc49c6b