FC2ブログ

ガンマナイフ9000例の病院 


ペテン病院の野放しは許さない!
 
横浜労災病院脳外科のHPから一部拝借致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 横浜労災病院では、脳腫瘍に対する開頭手術が年間約100件。

 更に血管内手術やガンマナイフが加わり、年間約900例の外科的治療〔surgical intervention〕が行われています。 
 
 

 ※当院におけるガンマナイフ治療件数は、平成24年12月に 9000例を越えました。


 横浜労災病院は,世界最先端のガンマナイフ治療を提供します。

 ガンマナイフ後の聴神経腫瘍手術は、ガンマナイフが行われていない例に比して難しくなることが知られています。しかし実際には適応を誤らなければ、聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後に手術を必要とすることは稀です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~


  その他、癌からの転移性脳腫瘍についても書かれています。 
 参考論文なども記載されており、これくらいのことが書ける病院なら安心でしょうね。

 良い開業医さんなら良い病院を紹介して下さるでしょうけれど。。。  私は悪徳病院へと送り込まれてしまいました。

 ネットをやっていなかったので騙されたわけですが、『騙され方が悪い』と言う人の頭の中はどうなっているのでしょう。
 
 
 
 人工知能によって、ヤブ医者・悪徳医者をお払い箱に出来るようになるそうです。ネットが普及したお陰で、素人でもかなりの情報を得ることが出来ますが、交通整理がお仕事である筈の開業医が、意図的に悪徳病院を紹介しても、何の責任もとらない。 『もうその話はしたくない!』と言って患者を追い出す。ついでに血圧測って、降圧剤を売りつける(院内処方)。

 ヤブ医者・悪徳医者は、巧妙なやり方で生き残りを図るのでしょう。

 けれども、被害者が黙らされるのは、別の問題です。 被害届を出す窓口が絶対に必要です。

 
 ************


 『成長点に全然手を付けていない。10%は再発をする病気だけどあなたの場合は再発とはいえない。取れてなかったものがただ成長しただけ』。 『成長点をとらなければ何度でも再発する』 ということ。(聴神経腫瘍手術を3回された方のブログから)

 
 ペテン病院のデタラメ手術では、9×13mm の腫瘍を 直径7~8mmとり残し。この成長点には全く手をつけず、ありとあらゆる個所に痛みが出るようなデタラメ手術をしたのです。手術後に辞めた女性医師にとっては初めての手術だったのでしょうか。




ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
ペテン医者の野放しは許さない! 


 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/260-529a8df8