スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者の正当防衛 

 医師の能力を知ることは正当防衛である。


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!

 能力もないのに名医であるかに偽って、出来もしない手術をして患者の人生を破壊するペテン医者。
 騙された患者の自己責任だというなら、病院・医師の実績を透明にすべきである。

 政治家は原則として経歴を偽ってはならないことになっている。隠している不都合なことは、今ではネット上で暴かれるようになった。

 塾の講師などは学歴を隠すことは出来ない。

 タレントが大学教授になっても、論文など書いていないことは誰もが知っている。
 
 公立学校では生徒は教師を選ぶことは出来ない。カネとコネで教員になることは可能だ。初等教育の段階で、人生を毀損されてしまう子供は見殺し。

 かつては、患者の検査結果は患者のものではなかった。今は診療録も開示請求できるが、それは、大抵は取り返しがつかなくなってからのことである。

 犯罪は報道されることになっている。 これを知ることにより防犯の心構えをする。 実際には報道されない犯罪はどの程度あるのだろうか。
 
 ところが、医療犯罪は報道されない。 医療犯罪は、犯罪かどうかの判断が難しいから報道しないと言う。 犯罪事件でも医療ミスだと言いくるめることが出来るから報道しない。『医師不足』を声高に言い立てることで、悪徳医者を守る。 未必の故意は犯罪であるが、密室の 『罠』 などは当然報道しない。 医師の経歴・実績・事故・事件(=犯罪)を開示しないままで、患者の自己責任とは ・・・ 盗人猛々しい。

 野菜でも産地表示のないものは買わないのが常識。「産地偽装」は「商店の裁量」とは言えない。

 医者に騙された患者は消費者庁に被害届を出すことも出来ない。


 「医師の裁量権」は無限大? 


 刑事裁判は犯罪についての事実確認なのに対して、民事裁判とは「喧嘩」の調停。意図的な嘘八百で騙されて人生を奪われたら犯罪被害です。それでも「喧嘩」の調停裁判しかできない。 「喧嘩」なら両成敗。 病院とは恐ろしい場所ですね。


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/199-20185981

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。