FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体温計の電池切れ 


ご声援ありがとうございます

 体温計の電池がきれた。
 電気屋さんへ持参したが、ネジが開けられない。
 無理に回すとネジがつぶれるとのこと。
 今回初めて開けることになった。
 6年で壊れる?
 1年以内に、ネジを緩めておく必要があったということか。

 
 ペテン病院でデタラメ手術をされて退院した直後に購入したモノである。
 騙されたとも知らず、『手術は成功した』とのペテン医者の言葉を疑いもせず、『一カ月で仕事復帰』と信じていたときに購入した。

 
 氷枕も購入した。疼痛の説明がなかったので準備していなかった。

 手術前には、氷枕が必要になるほどの痛みがあるかもしれないという説明は一切なかった。痛みに関する説明がなかったので質問したら、『腰痛の方がつらいという患者さんの方が多いくらいだ』と、真っ赤な嘘で患者を騙したのだ。

 説明を忘れたのではなく、意図的に騙したのである。

 ところが半年経過後も、痛みは却って強くハッキリしたものになり、氷枕は昼夜必要だったのである。

 担当医は、 『もう氷枕は辞めた方がよい』、『薬も止めた方がよい』と言う。痛みが改善せず苦痛と心配を抱えている担当患者に対して、薬も氷枕も止めた方がよいと言い放ったのである。『ではどうすればよいのですか?』と尋ねたら、ダンマリ・・・。 薬を処方すれば痛みが長引いている証拠になる?

 
 心身消耗していくばかりなので、もう一人の執刀医であった院長を受診して、 『痛みの原因として考えられることは?』と尋ねたら、

 『なんてこと訊くんや!』、『痛みの原因を知りたいというような性格は改めるべきやなぁ~』と返答した。『子供産んだことあるか、痛みの感じ方は人によって違うんや』、『命に関らない限り説明の必要はない!』、『本なんか読まなくてもよい』 ・・・ 。
  暴言しか聞くことはできなかった。 意図的な詐欺だから、暴言で応えるしかなかったのだ。

 
 昨年の再手術によってめまいは消えた。手術後の痛みも順調に回復。退院から2週間後には痛みはなくなった。

 麻酔から覚めたときにチクチクした痛みがなかったので、助かったと思った。目が覚めた時には、縫合部にアイスノンが当てられていた。冷やしていれば痛みは感じなかった。鎮痛剤は使わず、昼夜アイスノンを交換して頂いた。本当にお世話になりました、感謝しています。

 失敗を認め、すぐにまともな医師に再手術を依頼していれば被害は最小限で済んだのである。

 けれども、意図的な詐欺であるから、まともな医師に再手術を依頼するなどはあり得ない。最初から『心因性』で逃げ切れると計算の上の瞞着だったのである。嘘八百の説明で不要な手術へと誘導したのみならず、約束に反して、顔を見たことも名前を聞いたこともない未熟医に執刀させていた。手術の前にも後にもこの事実は隠蔽していた。この未熟医が執刀したと判った(カルテ開示の)ときには、この未熟医は既に辞めていたのである。

 
 この6年間、日常生活が出来ない。
 ペテン医者に騙された時点で、人生終わっていたのだ。
 麻酔から覚めなければよかった。
 麻酔から覚めなければ、この6年間の苦しみもなかった。

 ペテン医者が心身蹂躙して、人生を奪った。
 命を奪われた方がましだった。

 騙された方が悪いと言うなら、騙した方はもっと悪いのではないか。
 騙すとは詐欺をやるということだ。
 詐欺は犯罪である。
 詐欺をやってもお構いなしと言うのは、医者だけではないのか。

 医者以外では、教師や政治家も・・・ 『先生』と呼ばれる職業は。

 外国には医師に対して、明確に 『詐欺の禁止』 を謳っているところもある。

 麺にゴキブリが入っていたということは、日本においてはショッキングな出来事かもしれないが、それで人一人の人生が台無しにされるわけではない。が、大騒ぎする。

 医者だけは轢き逃げが予め許されている。詐欺が許されている。大半のまともな医師は詐欺はやらない。ならば何故、『詐欺の禁止』 を明確に謳わないのか。 マフィアのような世界 ・・・。 医師会とはペテン医者を守るための組織なのか。

 『医師は利益追求を前提にしていない』と言い放った医師会会長こそは、ペテン医者の元締め。

 
 必要のない手術をされた方は他にもおられる筈です。このブログを見られたら、連絡して頂きたく存じます。(阪神間の脳外科病院で)


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
意図的な瞞着は許さない!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/157-8dbd0fad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。