スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペテン医者の居直り・開き直り 

 
ペテン医者の野放しは許さない! 
 善意の医師による手術ミスではない。
 
 未熟な○○子医師に執刀させればどうなるか分かった上での計画的詐欺であるから、患者の問いに対しては居直るしかないのである。 『なんてこと訊くんや!』 と。 

 『痛みには証拠がない』 という返答が、自ら正体を暴露した。

 さも名医であるかに見せかけ、自ら執刀すると約束したペテン医者。
 いかに簡単な手術だとしても、未熟医に執刀されると分っていれば、ICにサインする患者はいない。
 簡単な手術で大学病院へ行けば実験台にされる危険性が高い。

 しかし、そもそも『簡単な手術』という説明が真っ赤な嘘。
 その上、名医であるかに偽ったペテン医師。
 この病院に足を踏み入れた瞬間、クモの巣にかかったトンボ同然だった。

 開業医が紹介したから、ペテン病院だとまでは疑わなかった。
 全財産を巻き上げる "祈祷師" を紹介するインチキ占い師と同類の開業医。
 手術から3カ月後、この開業医は、『もうその話はしたくない』 と逃げた。

 最初から『お任せ』したわけではない、何度も質問し、確認した上での手術合意であった。
 さらに突っ込んだ質問をしていたとしても、偽りの説明を重ねたに違いない。
 意図的なペテン師にかかれば、患者が対等の知識を持たない限り、密室の現場で騙されるのは避けられない。
 
 そして被害に遭っても届ける先がない。
 これでも文明国か。
 

 
 『騙される方が悪い』 というのは日本人の常識ではない。


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
意図的な瞞着は犯罪だ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/152-ba229d03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。