FC2ブログ

ありがとうございました。当分お休みさせて頂きます。 


ご声援ありがとうございます


 左聴力を失ったので音楽が出来なくなりました。
 耳は魂に直結しています。
 魂が損なわれるということは死を意味します。
 
 正しい説明、正しい治療がなされていれば、聴力の6~7割は残せたのです。
 聴力が少しでも損なわれれば、音楽は出来なくなるでしょう。
 けれども、真の被害は意図的な詐欺によって被ったものです。
 やってはいけない手術を、やってはいけない医師がやったために、聴力はゼロになりました。
 そして開き直りの暴言の数々。(公平に見るならば、これは語るに落ちるということなのですが・・・)

 右耳から入ってくる音はとても不愉快です。
 ほとんど左耳だけで生活していたのでしょうか。
 ならば、右脳人間ということ???
 右脳人間なら、このような虐待に対しては非常に敏感です。

 また、強い痛みが長引けば、鬱状態にもなります。
 患者が『痛い』と訴えても、医師が『痛くない』と断定する。
 半年経過しても改善しない痛みの原因を知りたいと言えば、『なんてこと言うんや!』とサイコ扱いされる。

 病気によって失ったものとは比較にならないほど大きく傷つきました。
 
 歯の根が化膿したことで 口腔外科でお世話になりました。『強いストレスがあったのではないか』 と尋ねられました。
 免疫力が落ちているということです。
 
 この6年間、限度を超えるほどの心身のストレスにさらされ続けました。
 悔しさ・悲しさ・怒りを感じない日は1日もありません。
 
 目の前の5年間さえ自分のものとして使えるならば、死んでもいいと思っていました。

 私の人生、終わりました。ペテン病院に奪われました。騙し盗られました。医者の言葉を信じた患者の自己責任ですか。
 
 このために既に癌が発生しているかもしれません。
 私の歳で癌になれば進行は早いでしょう。
 聴神経腫瘍の再発も、非常に早かった。

 もし正しい説明がなされていれば、二泊三日の治療で済みました。(ガンマナイフ)
 退院当日には元通りの生活が出来る、本当に負担の小さい治療で済んだのです。
 痛くも痒くもない(検査のような)治療で済みました。
 風邪で休むよりも小さい負担です。

 病気ですから、聴力が落ちるのは諦めがつきます。
 けれども悪意ある医師の騙りによって餌食にされたのです。
 医療ミス(過失)ではありません。
 詐欺(=犯罪)です。

 政治家にも警察に嵌められた方がいます。
 こっそりと秘密裏に消された人もいます。
 交通事故や自殺でも明らかに虚偽の結果が出されていることがあると、ネットの普及によって明らかになってきました。
 警察も司法も腐っています。
 被害に遭わないのは偶然にすぎません。
 
 『・・・我々は死の踊りを眠れる噴火口のふちで踊っているのだ…』 (夏目漱石)
 
 拉致被害者を放置した国です。
 殆どの政治家は、票にならない仕事はしません。
 医師会からの献金とは如何ほどのものなのでしょうか。
 ペテン医者による被害者に対する正義など期待するのは、愚かというものです。
 法治国家ではなく、放置国家。

 じわじわと体力の衰えを感じます。
 悔しいことばかりでした。
 長生きしすぎたのかもしれません。

 ありがとうございました。

Glenn Gould リトル・バッハ・ブック

ご声援ありがとうございます

福島雅典医師へのインタビュー(1990年)から

記者: 治療法の選択も患者に選ばせる?
■福島医師:
当然です。リスクとベネフィット、時には費用についても話した上で、選んでもらいます。 インフォームド・コンセントは、できあがったゴールではなく、各々の医師が自分自身の問題として求め続けていくテーマだと思います。そこにどういう問題があるか、僕自身も学習していかなければなりません。

本来、インフォームド・コンセントは患者自身が自分の権利を守り、自分で判断するためのもので、医師は現代の医学の最先端情報を患者に知らせ、患者が一番よいと思う医療を選択できるようにサポートするのが役目です。これが今もっとも現実的で妥当な、医の倫理だと僕は思います。

医の倫理を医師の裁量に帰属させて、医師の人格に期待するのは、愚論だと思います。医師の裁量で、自分のやりたい治療を行うというのは傲慢な態度ですし、医師の裁量に帰属させるという考え方は、医療の発展にとって百害あって一利なしです。
診断・治療ともに、通常の医療のほとんどが科学的に裏付けられて既にマニュアル化されている今日では僕は医師の裁量論が成立する時代は終わったと思います。医師が横柄にしていて医療が成り立つ時代は終わったのです。

互いの権利を尊重しあい、守るのがルールだし、そのルールに根ざした医療をインフォームド・コンセントというコンセプトでとらえることができます。医師は患者の人権の何たるかを意識し、患者は自己決定権を自分の権利として主張しなければいけないのです。

しかし、患者さんに、自分の権利が犯されているという感覚が乏しいのが、 この国の現実です。医療は現実には、経済的にみて、高度にソフトな商品として存在しているものです。医師にもらう薬の名前すら知らないというのは、ユーザーとして非常に愚かしいことです。医療を受ける側は自分はひょっとしたら欠陥商品を買わされているのかもしれないと自覚しなければいけないのです。医師と患者双方が情報を共有していなければ、いい医療はできません。 
医師と患者、メーカ-、薬剤師、厚生省それぞれ相互に公正に情報が行きかい検証され、批判されるような構造を作らないと、インフォームド・コンセントは定着しません。   (福島雅典医師)

 =訴訟は医療改善の推進力 =
記者:患者の権利確立の為に医療裁判はどんな機能を果たしていると思いますか?
■福島医師:
その機能は非常に大きいと思います。米国の歴史がそれを物語っています。日本は30年遅れていますが、サリドマイドやスモン訴訟は市民の自覚を促し、厚生省を動かしました。弁護士さんに期待することは、個々の訴訟の本質にまでくい込んで、医療の病根がどこにあるかを分析することです。どんな小さな問題でも、掘り下げていくと、必ず医療の本質に関わる所に突き当たります。だからそれをえぐり出し、オープンにして、市民が認識し、医師が自覚し、行政当局が何らかの形で改善する所まで迫ってほしい。訴訟により、日本の医療の方向を規定していくことができると思います。

記者:なかなか荷が重いですね。訴訟で被告になる医師のインパクトは大きいんでしょうか?
■福島: 
大きいですね。それだけで医師の心理的、肉体的プレッシャーはすごいと思います。一時、訴訟は保身医療につながると言われましたが、その心配はなく確実に改善されると思います。医療は科学に裏付けられたものですから、それにのっとって行われない医療は、全てが訴訟の対象になる。何もしないこと自体、訴訟の対象になるわけですから。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。

いつも辛口のご意見をよい刺激とさせていただいていました。

また再開されたときはよろしくお願いします。
お体大切にして下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/150-d4932174