FC2ブログ

【再掲】 未来を奪った患者に対して 『未来志向になれ!』 と言う。 

 再掲です。(平成26年10月23日)


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
ペテン医者の野放しは許さない!


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

拝啓、ペテン病院 殿


医師の嘘八百の説明(やりたい放題)や

術後の対応(=暴言・ハラスメント)により、

心身を蹂躙されても、

症状が悪化しても、


「すべて医師の裁量の範囲内。

対応は一切致しません。

この病院に来た患者の自己責任です」。 


と、病院の前に貼り出しておくべきです。  


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


* 厚労省に出したメールに返事は来ませんでした。
* 県の医療事故調査委員会では盥廻し、結局最初の部署に回されました。



 もし、福知山線脱線事故で被害者が一人だったら、悪質な犯罪的事故であっても無視するということでしょうか。
 被害者のが多い場合のみ大騒ぎするのです。
 偽善と詐術の産物。



「・・・無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。  
— 三島由紀夫「果たし得てゐない約束―私の中の二十五年」 


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
ペテン医者の野放しは許さない!

 「数」ばかりを重視しているのは、少子化の問題も然り。
 「質」の劣化は見ようとしない。
 幕末には今より人口は少なかった。
 けれども、武士階級(エリート)がいた。
 進駐軍はこれを潰さねば、日本を潰すことは出来ぬと知っていた。
 であるから、周到にプログラムした。
 そして、隅々にまで染み渡った。

  『平等』、『権利』 を押しつければ、 立派な大木・銘木も、つま楊枝になってしまう。

 自分の家が火事場泥棒に奪われて、蹂躙されることが見えているとき、火事場泥棒と和解など出来ないし、してはいけないのである。

 父祖への冒涜である。

 最悪の事態が予見されるとき、楽観的ではいられない。
 ペテン医者なら 『そのような性格を改めるべきだ』 と言い放つ。
 ペテン医者は、進駐軍と同類。
 
 損得・勝ち負けを基準にするということ自体が卑しいことである。損や負けを承知の上でやらねばならないことがある。
 
 最後には語らねばならぬ。
 黙して語らぬ不毛、
 それは多難な不毛であるが、
 怠惰とみなされる。
 戦場に斃れた兵士は、怠惰であるか。
 能力が不足していたのか。

 最も大きな犠牲を払った者が、
 受けた傷故に、嘲笑の的となっていいのか。
 その恩恵を受けた者が、恩人を嘲笑する。

 ヤフーのごとき生き物に、蹂躙されてしまうのか、わが敷島よ。




*****************************

二十五年間に希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。 
— 三島由紀夫「果たし得てゐない約束―私の中の二十五年」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bachinvention0925.blog.fc2.com/tb.php/144-5d068151