スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車に欠陥があったのに、運転ミスだと責任転嫁するのと同じ。 

 欠陥車で事故を起こしたら、運転ミスだとして、運転手に責任転嫁して、逃げ切れるだろうか。

 最初から経験のない女医に執刀させて、患者の体が悪い、性格が悪い、と強弁するペテン医者。執刀医に関しては繰り返し繰り返し繰り返し、確認した。未熟医師の教材にされては堪らないから、繰り返し確認を取ったのである。

 未熟女医に執刀させる、参加させると解っていれば絶対に、手術を了承しなかった。急を要する状態ではなかったし、命に関る悪性の腫瘍でもなかった。まともな病院のまともな医師の手術を受けることも出来たのである。恰も名医であるが如くに繰り返し嘘を吐いた。名医とされる医師を紹介してもらうことも出来たのであるが、『簡単な手術できれいにコロッととれる』と自信満々の態度であった。詐欺だとしか言いようがない。

 術後にも女医の名前も出ない。女医は回診にも来ない。術後に執刀医に関して質問したが、担当医は、嘘を吐いた。カルテ開示によって初めて、女医が執刀していたことを知った。

 手術の翌年には辞めていた。計画的に患者を餌食にしたのである。医者は高笑い。。。

 患者を黙らせるために、侮辱・恫喝・脅迫・・・ 患者を鬱にして放置。。。

 普通の日本人に出来る芸当か? 医者になれば誰でもこんな真似ができるように訓練されるのか。何をさておいても、患者を黙らせる技を教えるのか。

 正直な医師は例外なのか。

 フェートン号事件では、長崎奉行は、さっさと切腹してしまった。切腹を命じられたのでもないのにである。騙されたことに対する責任を取ったのである。武士たるものの姿を残したのである。

 騙された責任を取って切腹せねばならないのは、患者の方なのか。。。

 この卑劣な犯罪を必ず記録に残さねばならない。それまでは死ねない。

 嵌められて、やってはいけない手術をされて、当て逃げ・轢き逃げに苦しんでいる人は数多いるのに、それを監督する機関がない。

 どんな名医がどんなに手を尽くしても患者が死ぬことはある。それでも『死』んだら、事故だ事件だと騒ぐ。偽善の上塗りの社会。

 命=body より大事なものはないという、唯物論=共産主義=悪魔。戦後はこれが常識、あるいは流行。


スポンサーサイト

人間(日本人)の基本・・・嘘をついてはいけない 

 『嘘吐き』とだけはお付き合いお断り。。。

 人と人との信頼関係がなければ何事も成り立たない。

 騙された者は犠牲者である。

 騙された側の自己責任?・・・

 騙した方が勝ち組?

 

燃費実験データ改竄 

 三菱自動車の燃費実験データ改竄。
 消費者を欺いた三菱自動車。
 株価暴落。直ちにニュースになる。

 患者を故意に欺き、不必要な手術へと誘導し、強い痛みと眩暈を引き起こし、説明を拒否したのみならず、患者を侮辱・暴言の数々。。。

 心身を冒涜し、人生を破壊した。

 それでも、医者は医者が守ってくれる。どんな仲間が守ってくれるのか。

 どんな名医でも、手術に失敗することもあるだろう。

 けれども、故意に虚偽の説明をすることは許されない。

 繰り返し約束したにもかかわらず、未熟女医に執刀させた。

 カルテ開示しなけれれば解らなかった。患者をバカにしている。虫けら扱いだ。

 病気の状態・治療方法・執刀医・・・ すべて嘘。。。

 これほどの嘘で患者の人生を破壊しても平気でいられるとは、頭がおかしいのではないか?

 ペテン医者の頭を開いて見てみたいものだ。


 

  神、すべてを知り給ふ。


続きを読む

紹介状の無い大病院受診は高額の受診料―かかりつけ医が必要 

 初診は、設備の整っている大病院で行い、結果によって、その病院が指示した各クリニックで診療を行う事にした方が、患者のためにも病院のためにも効果的で安心した医療行為が出来るのでは無いかと考えます。

 最初に頼りない医師・悪徳医師に掛ったら、取り返しのつかないことになるかも知れません。

 まず最初にかかりつけ医に、ということは誰が考えているのでしょうか。開業医の利益優先ということです。政治家が考えているとは思えないのですが。。。医師会の顔色を見ている政治家の考えと言うなら理解できます。

 大病院に紹介状なしでかかるときは、5千円または1万円以上必要と言うなら、貧乏人は死ねということにもなります。カネ持ちが名医を囲い込むのが当然という方向に行くのではないでしょうか。

 保険の効く医療の範囲を狭くして、カネ持ちが名医を囲い込むのは当然というようになるのかもしれません。アメリカのように。

 医療で失敗しているアメリカの真似をするのか。。。

関西テレビ中継車、給油待ち割り込み 

 産経west

 関西テレビ中継車、給油待ち割り込み ホームページにすぐおわび

【熊本地震】 .

 関西テレビ(大阪市)は18日、熊本、大分両県を中心に相次いでいる地震の取材をしていた中継車が17日午前7時45分ごろ、熊本県菊陽町津久礼のガソリンスタンドで給油待ちの車列に割り込んでいたと明らかにした。ホームページにおわびを掲載した。

 同社広報担当者によると、中継車には社員と委託先のスタッフら計5人が乗っていた。スタンドで中継車を写真撮影した人が「横入りされた」とツイッターに投稿した内容を、別の社員が見つけ、同社に報告した。当時の経緯など詳しい事実の確認をしている。

 同社はホームページで「被災地の皆さまが多大な労力を割いているなかで、あってはならない行為でした。社員、スタッフへの教育を、改めて徹底してまいります」とした。


******************


 ツイッターに写真投稿されたので、ばれてしまった。

 証拠が残らなければ、お詫びせずに済んだのに!。。。

 マスゴミ、どこまで被災者の妨害をすれば気が済むのか。空からも、地上でも・・・。

 被害が大きくなれば、商売繁盛。。。

 嬉しい!

 これがマスゴミの本性。。。 

 日本人が苦しめば嬉しくてじっとしていられない!

原因究明は必要ない? 

 2015/9/23  「医療情報の公開・開示を求める市民の会」シンポジウム  

 勝村久司さん(産科医療保障制度再発防止委員、被害者遺族)の発言

ハーバード大学教授、李啓充医師のコメント





 米国科学アカデミーの「To Err is Human」という報告書は、医療過誤を「治療が予定されたプラン通りに実施されなかった、あるいは、予定したプランが初めから間違っていた」と定義しています。『ちなみに、インフォームド・コンセントは 「医療者が患者と共同の治療目的を設定して、その目的を達成するために治療プランを作成するプロセス」 と定義されますので、米国科学アカデミーの医療過誤の定義は、「インフォームド・コンセントで患者と取り決めたことが守られなかった、あるいは、誤った情報をもとにインフォームド・コンセントが作成された」と置き換えることができます。


 しかし、日本における医療過誤は、「医療の側がインフォームド・コンセントのプロセスを端から無視している」ケースが目立ち、米国科学アカデミーの定義からすると「医療過誤」の範疇には入れてもらえません。インフォームド・コンセントという現代医療の根幹に関るルールを無視するようなケースは、「過誤(善意が前提となった行為の誤り)」として取り扱うべきではなく、「悪意をもってなされた犯罪」として取り扱うべきだからです。
 

 伝え聞きます枚方市民病院のケースも、「過誤」というよりは「犯罪」の範疇に属するもののように思います。「リスクマネージメント」とか「医療の質の管理」とか、テクニカルな努力で医療過誤を減らそうという努力も勿論大切ですが、それ以前の問題として、医療の側がインフォームド・コンセントのルールを守ることで、日本の「医療過誤」から「悪意をもってなされた犯罪」の部分を取り去ることが肝要かと思います。



 ************************


  医療被害には、善意の医師によるミスと、明確な悪意による犯罪の二種類があります。

 殺意を持ってなされた医猟を『医師の裁量権』などと言って、被害者を泣き寝入りさせているのは、強姦被害者を泣き寝入りさせるのと同様です。 医師の犯罪だなどと主張すれば、『お金欲しさだろう』と、さらに被害者に侮辱を重ねるという理不尽な鞭打ちがなされます。

 ならば、金銭の賠償なしで、事実を追求する仕組みを作るべきです。 金銭賠償とは次元の違う問題です。 生命より大切な魂の問題なのです。 政治家も司法も怠慢である。 警察は、ならず者病院の共犯者である。 お金で縛られているのか、警察も政治家も北朝鮮には手も足も出ない。 これと同様なのか。。。




術後一カ月で仕事復帰と説明したにも拘らず、半年以上も続く 『痛みの原因を知りたいというような性格は改めるべきやなぁ!』と言い放った院長。。。


土下座外交(平和至上主義)のツケ 

敗戦利得者の高笑い。。。

平和至上主義。

土下座外交。

国民虐待。


未来を奪われることは、子供を殺されるのと同じ。 

悪意による騙し討ちが、心の翼を破壊した。

未来を奪ったのであり、魂を蹂躙したのである。

これを『医師の裁量』で許されるという。

説明を拒否。

広島の中3生徒を自殺に追い込んだ教師が隠れて出てこない。

生徒の言葉は伝えられていない。

『死人に口なし』。。。

教師が勝手に嘘八百を言い散らしている。

『生徒が悪い』と言いたいのだ。


『患者に問題がある』と言いたいペテン医者と同類。

患者を殺しても、見せかけの成績を上げたい劣等医者、死ね!

警察官が市民を強姦したら、『警官の裁量』で許されるのか。



『広島被爆地訪問を』 ですって? 

 『広島被爆地訪問を』 ではなく、『ウィグル被爆地訪問を』 でしょ!

 いま最も危険なのは、中共の核ではありませんか。

 広島訪問を今呼びかけるのは、中共の脅威から目をそらせる目的。

 中共の手先。

 中共に媚を売り、最終的には皇統断絶が目的。。。

腫瘍再再発? 

味覚がない状態が続いている。

昨年から徐々に悪化してきている。

腫瘍の再発か???

左側の味覚が麻痺していたのが、徐々に拡がってきた。

モノの味がしない、何を食べても不味い。

何かおいしいものを食べたいと、次々と色々なものを食べてみるが、美味しくない。

最初にデタラメ手術をしたから、滅茶苦茶になっているのだ。

最初の手術の時、麻酔から覚めなければよかった。

あれから7年半、後悔しない日はなかった。
 
失敗しても、正直に説明してもらえたら納得するしかなかったのだが。。。

最初から、騙しおおせる餌食と見做されて、名も顔もしらぬ未熟医師に切り刻まれた。

医師募集のビデオの中で、院長への感謝を熱烈に述べていた女性医師。

『積極的に手術にも参加させていただいて、

患者さんも担当させていただいて、

とてもいい病院、、、】 だと。。。

患者にとっては恐怖でしかない。


手術失敗しただけでなく、術後の強い痛みにも何の対応もせず。。。

痛みの記載、薬の処方すれば、事実がばれてしまうから。

計画的犯罪。


医師だけが書き込みできる。患者の悪口掲示板を、sony が運営しているそうです。


モンスターと言われる患者のこともあるだろうが、自分が失敗して人生台無しにした患者のことを、恰も患者が横車を押しているかのように書き込んでいるとか。。。

本当にモンスター患者のことを糾弾したければ、医師に限定する必要はなく、一般人にもに開放すべきだ。

医師もピンからキリまであるのに、十把一絡げに、医師が被害者であるかの振りをするのは、偽善者であることを裏書きしている。

被害患者の為の掲示板はない!

歴史認識とは生存競争、戦争である。 

【2015/6/10 掲載】


インチキの野放しは許さない!


  日本人はナイーブ過ぎます。 おひとよしの日本人は、ついには打ち負かされてしまうのではと思うと胸が掻き毟られます。戦争は終わってはいなかったのに、日本人だけが平和になったと勘違いをし、誤解をさせられて、『平和を希求』してきました。しかし、彼らは常に掠奪によって生きて来ました。掠奪するかされるか、殺すか殺されるかしかないのです。



 歴史とは、一方の人間が他方の人間に対して精神と力のいわゆる優先権を持とうとする試みであり、法と自由のイデオロギーによって偽善に覆われた生存競争であり、厳粛さと空虚さとを賭けて互いに競い合う新旧の人間の義の浮き沈みである。
 神の裁きは歴史の終極である。一滴の永遠は時間に支配されている事物の海全体よりはるかに重い。(カール・バルトの神学から)


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
ご訪問ありがとうございます

ペテン医者の野放しは許さない!

性善説だの性悪説だの・・・ 

 性善説だの性悪説だの言っているのは、お人よしの証拠。

 正真正銘の悪人、悪魔にとっては、性善説も性悪説もない。

 これからは相手を悪魔だとの前提で付き合わなければならなくなる。


 大量の観光客受け入れは移民受け入れの予行演習。

 日本が日本でなくなる。現在も進行中。

 在日外国人の数は、虚偽データに基づいている???

 世界が一つになってしまう。

 恐ろしい。

 外国人と手を組んで成り上がる一握りの金持ち・権力者に奴隷支配される。。。

 




患者紹介ビジネス 

療養担当規則第2条の4の2(経済上の利益の提供による誘引の禁止)

保険医療機関は、事業者又はその従業員に対して、患者を紹介する対価として金品を提供することその他の健康保険事業の健全な運営を損なうおそれのある経済上の利益を提供することにより、患者が自己の保険医療機関において診療を受けるように誘引してはならない。

死んでしまったら、やはり心因性だったと言われる 

 今、この場で倒れてそのまま目が覚めなければ、幸せだと思うこともある。けれども眩暈の原因は心因性ではなかったと証明しなければならない。

 善意の医師によるミスではないのだから。故意に邪な計画を立てて患者を嵌めて、患者の人生を奪って、患者の体がもともと悪かったとして口を拭って済ませるつもり。心因性なのに患者が医師に因縁をつけたと、医師が被害者面するつもり。ヤクザそのもの。

 当該病院で手術後めまいが治らず、他病院で再手術によって完治した眩暈の原因が心因性かどうかハッキリさせる必要がある。どんな言い抜け、開き直りをするのか。

 ならず者医者。。。
 
 絶えず続く強い痛み、鎮痛剤でも安定剤でも効かなかった、絶えず続く強い痛みの原因を医者の口から引き出してやる。この痛みも他病院の再手術後は順調に改善・消失。

 原因を突き止めようとする正直な態度さえ感じられれば、、、計画的詐欺だったと、苦しむこともなかったのに。
 患者に罵詈雑言浴びせるだけ。まるでヤクザ。。。
 恐怖を与えて委縮させる魂胆だったのだ。

 カルテ開示請求したら、訴訟のつもりでなければ、少し考えたら?と医事課の人に言われた。必要なら3-4日で作ってあげるからと言われ、その日は帰宅。数日後、やはりお願いしますと電話したが、3週間経っても連絡がない。結局一カ月以上、二か月近く経ってから入手できた。どのくらい改竄されたか解らない。明らかに抜けているページはある。その後に、家人が当て逃げ被害。。。犯人は不明。

 医者というのは被害者を加害者にでっち上げるのだけは天才的。

 在日や帰化人の医師の方が、倫理的にも能力的にも日本人より優秀だと言われたけれど・・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。