スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自らの魂を汚すこと 


 わざわざ自らの魂を汚すような事を、医師や教師がしてはいけない。

 目先の損得・勝ち負けの為に、汚らわしいことを平気で出来るのは普通の日本人ではない。

 日本人は人と人との信頼関係を基礎に成り立ってきた。

 神はすべてを知り給ふ。

 神を知らないものは、日本人ではない。

 医師を信じた患者を易々と騙して、拷問にかけ地獄に落としたペテン医者に神の裁きを!

 日本の浄化が必要である。

スポンサーサイト

裁判官も同じ立場に立ってみるがいい 

 加害者の立場に立って判決を下す。

 加害者に寛容、これで自分は寛容な人間であると自他ともに信じさせることができる。

 リベラルの立場。。。

 被害者に説教する。

 被害者はどこまでも、我慢と辛抱と泣き寝入り。

 国ごとリベラルになれば、国は必ず滅亡する。

 自分を良く思いたいがために、秩序を破壊する。

 国はお陀仏。。。

 お陀仏まで秒読み。

息子さんを医者に殺されて提訴、脳梗塞で倒れる。。。 


 息子さんが風邪の症状で受診、異常な点滴をされて死亡。
 
 彼は、殺されたと考えています。
 目的は刑事裁判でしたが。。。

 民事裁判で提訴して数か月、脳梗塞で倒れ、法廷に出られませんでした。

 裁判中に病気で倒れたり、事故でけがをしたり、、、多いです。

 被害者に冷たい国です。何をしても病院は治外法権。

 それとも弁護士の談合?

 最終的には、裁判官の裁量?



有銭無罪 

http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5014274.html

2016年02月24日08:03


【事件詳細あり】韓国の大企業の会長夫人が娘婿のいとこを殺害 → 無期懲役でも病院で悠々自適の生活 → 被害者の母親は衰弱死……


22歳の娘を殺された母、栄養失調で衰弱死(朝鮮日報)
 
  2002年、韓国・嶺南製粉会長の妻であるユン・ギルジャ氏が人を使い、婿のいとこに当たる女子大生のハ・ジヘさんを殺害させる事件が発生した。裁判官である婿がハさんと不倫関係にあると誤解し、おいとその高校の同級生に1億7500万ウォン(現在のレートで約1600万円)を払って殺害を依頼した。梨花女子大の法学科に在籍していたハさんはその年の3月、ソウル市江南区で拉致され、京畿道河南市にある黔丹山の山中で犯人たちに空気銃で撃たれて死亡した。ハさんが22歳のときだった。

 それから約14年がたった今月20日、ハさんの母親のAさん(64)が自宅で亡くなっているのを息子(39)が発見し、警察に通報した。(中略)

 ユン氏をはじめとする犯人は全員、無期懲役刑が確定した。だがユン氏は07年以降、乳がん、パーキンソン症候群、うつ病、糖尿病など12の病名が書かれた虚偽診断書を医師に書かせ、これを使って刑の執行停止処分を受け、13年まで刑務所の代わりに大学病院の「豪華病室」で生活していた。医師には夫が金銭を渡していた。ユン氏のこうした振る舞いが世間に知られるようになると、検察は13年に同氏を再収監した。

(引用ここまで)


……事件のあらまし。

 この会長夫人はハ・ジヘという女子大生を殺害の3年前から執拗に狙い続けて、接見禁止命令まで出されたほどのストーカーぶり。
 娘婿と女子大生が一緒にいる写真を撮ったら3億ウォンの賞金を出すとか、探偵を20人以上投入するとかしまして。
 それでもなんの成果も得られなかったことに対して「大学の図書館に地下室があってそこから出入りしてるんだ!」って言い出して、探偵が「もうこれはあかん」ってなったとか。
 接見禁止命令を出されたあとは女子大生の父親の殺害を狙うとか、もう病気のレベル。

 最終的には当初のターゲットであった女子大生の殺害に成功して、実行犯2人は海外逃亡。
 会長夫人は「中国を経由して北朝鮮に亡命しなさい」とか指示を与えて、かつ整形手術の代金まで提供。
 実行犯がベトナムと香港に出国していたのを、被害者の父親が執念で追いかけて地元の海外同胞の協力の下、情報を地元警察に提供することでようやく逮捕に至ったという経緯を描いたのでした。

 嶺南製粉は財閥と呼べるほどの大企業ではないのですが、それでも韓国国内でそこそこのシェアを持っている企業でした。
 紆余曲折あって、去年だったかに他の企業に吸収されています。法人としては残っていますが。

 で、この主犯である会長夫人ですが、賠償回避を目的としてか会長から離婚された……というように言われていたのですが、実は離婚しておらず。
 記事にあるように夫から医師に「偽の診断書を書いてくれ」との依頼でいろいろな理由で刑執行停止されて、病室で豪華な生活をしていたという事実が明かされました。外出も自由だったとのこと。
 これをスクープしたのがテレビのドキュメンタリーで、夫である会長は放送で暴露されるという話を聞きつけて、SBSのプロデューサーを脅すというような真似までしたのですね。
 ちょうど当時、甲乙問題がピックアップされていて、不買運動が展開されたものでした。

 ナッツリターン事件の時にこの事件をちょっと思い出して、さらに「快適な獄中生活」という部分でも思い出したのですが、言及しませんでした。
 ……今回、かなりさらっと事件の経緯を書いただけでもこのボリュームなのです。
 もうちょっと言及したいところもいろいろとあるのですが。

 ざっくりといって韓国の異常な面を浮き出しにした事件であることは間違いありません。
 会長夫人個人が異常な執拗さを見せているのですが、周囲がそれを許容しているところが恐ろしいのですよね。
 そりゃまあ、パク・クネが「非正常の正常化」って言い出すし、一般国民の8割以上が「金さえあれば犯罪をないことにできる」って思うわな……っていう要因のひとつです。


いじめで生徒が骨折、男性教諭「転んだことに」 兵庫 

兵庫県の教師は、やっぱり最低!!!

カネとコネで採用されたんでしょ。。。




いじめで生徒が骨折、男性教諭「転んだことに」 兵庫

赤井陽介

2016年2月23日22時24分


 兵庫県教育委員会は23日、姫路市立中学校の男性教諭(58)が、いじめを受けて骨折した生徒について「病院では階段から転んだことにしておけ」とうその説明をするよう指示したなどとして、教諭を停職6カ月の懲戒処分とし、発表した。教諭は県教委の調べに「医師に言うと警察に通報されて、大きな問題になると思った」と話しているという。

 県教委によると、この教諭が顧問だった部活動で昨年7月、練習中に1年生の男子生徒が上級生2人からひざ蹴りを受けるなどして胸部を骨折。教諭は病院に連れて行こうとした副顧問にうその説明をするよう指示し、生徒は病院で指示通りの説明をしたという。

 その後、上級生2人がほかにも、この生徒を含む1年生3人に対して4月ごろから、たたいたりプールに沈めたりといった暴行を複数回加えていたことが判明した。学校側はいじめがあったと判断。校長は姫路市教委の指示も受け、上級生のうち、主力選手の3年生を8月の近畿中学校総合体育大会に出場させないよう命じた。しかし教諭は従わず、この3年生を大会に出場させたという。

 教諭は県教委の聞き取り調査に、「出場させないことが望ましいとは割り切れなかった」と説明。県教委は「いじめを許さない姿勢が読み取れず、非常に大きな問題だ」としている。(赤井陽介)


関連ニュース

戦前に、支那に踏み倒された円借款 

http://ameblo.jp/xiang-xia/entry-11992870992.html  から転載

戦前に、支那に踏み倒された円借款



2015-02-21 21:50:00
テーマ:歴史

「大正期の日本 中国に3兆円相当の円借款供与を踏み倒された」
http://www.news-postseven.com/archives/20150221_301871.html

---
 中国がいまになって過去の債務を取り立てようとするなら、日本こそ中国に借金返済を迫るべきだ。2014年4月、中国は戦前の汽船賃料未払いを理由に商船三井の船を一方的に差し押さえる暴挙に出た。同社が中国に供託金として払った額は40億円とも言われている。中国は戦前の賃貸契約について「日中共同声明の条文に拘束されない」と開き直ったが、その理屈で言えば日本も中国に踏み倒された円借款の返還を請求することができるのだ。
 満州事変から遡ること20年、大正期の日本は中国に対して3億円(現在の価値で3兆円)の円借款を供与していた。ところが中国は、1923年の関東大震災後から支払いの遅延を始め、1933年3月に発生した三陸大地震の4か月後に借款の踏み倒しにかかった。日本の国難に乗じた卑劣な手口だった。1933年7月30日付の大阪朝日新聞は、「三億の対支債権 実力で回収を決意」との見出しでこう報じている。
「対支(中国)借款はいわゆる西原借款などの政治借款と称されるものを合算すれば今や元利合計10億円にも達しているが、この政治借款について南京政府は全然責任なきが如く態度を執っており……」
 当時、日本の軍部は厳重に償還を督促した上で、担保の差し押さえ、最悪の場合は実力行使を検討していたが、その後の満州事変、上海事件、日中戦争に至る過程で対中円借款は結局うやむやにされた。
 だが、戦後も日本は中国に累計3.3兆円もの借款を供与し、貸付残高は1.6兆円に上る。2005年、北京では日本による新規円借款停止の通告に端を発した大暴動が起き、2010年に借款打ち切り交渉が行なわれると、中国の偽装漁船による海保巡視船激突事件が起きた。日本が毅然とした態度を取らなければ、無法国家は再び恫喝により円借款の踏み倒しにかかるかもしれない。
 中国がいつまでも過去にこだわるなら、日本も黙っていない姿勢を示したほうがいい。
---

日本人が知っておくべき歴史です。

輪姦されたのは日本。。。 

 ジュネーブでの慰安婦問題に関する杉田水脈氏の発言ーーー重大な証拠となる発言が書面に残されなかったこと。

 海外にも発信されないし、日本人を宥めるだけの効果しかない。日本人を騙す仕掛けである。t
 
 無実の日本人に発言はさせるが、事実上は黙らせる目的である。

 証拠が残らないということ。。。

 日本に濡れ衣を着せたことを、記録に残さないこと。


 被害者を加害者にでっち上げて、処刑することが目的である。

 
 ペテン病院は、患者の訴えをカルテに記載していない。

 患者は痛みもめまいも訴えなかったことになっている。

 インチキ医者の計画的犯罪だから、当然である。
 
 まじめな医師なら、詳細に記録している。だから、まじめな医師の方が裁判では負ける。

 正直者がバカを見るのである。

 正直者をふみにじって恰も正義であるかの顔をしている。

 中韓は『人権』の名において、日本を蹂躙してきたし、今後も蹂躙し続けて、日本を不名誉で滅亡させるつもりである。

 『人はパンのみで生きられる』と思っているバカの極みの日本人が日本を滅亡させるのである。

 『平和』を謳いあげる『善人』・『平和主義者』が、戦争を作りだし、日本を滅亡させる。

 『かわいそう』を連呼するリベラルは、不潔である。

 人道主義は不潔であると、150年以上前に、ボードレールもフローベールも言っている。

 『かわいそう』は、宗教でやるべき。



被害者の声を聴け! 

 小林秀雄 : 『真の批判精神は被害者の側にある。』

 被害者は常に正直者・善人である。

 被害者の願いはただ一つ、原状回復である。

 嘘吐きの言葉だけを聴くのは、嘘吐きの側に立った方が得だからである。

 嘘吐きの正体を知りながら、正直者を迫害するのである。

 高潔な人の転落を見るほど楽しいことはないからである。

 高潔な人を汚辱にまみれさせれば、際限なく石打ち、絞り取ることが出来るからである。

 悪人を罰するより、正直者を蹂躙することの方がよほど楽しいのである。

 彼らが憎むのは悪人ではなく、高潔な人である。本能において、正義感より嫉妬心の方が大きいからである。

 尻軽女と貴婦人と、どちらが凌辱する楽しみが大きいか?

 あちらとこちらでは、どちらが嘘吐きか。。。

 祖先を見れば、明らかである。やがてDNAで証明されるときが来れば・・・・・・。

 被害者が加害者にでっち上げられているのである。

 被害者を加害者にでっち上げた者どもは未来永劫断罪されるべきである。

 しかし、邪な者の方が圧倒的に多数である。


 神よ、正義の剣ふるひ給へ! 




 科学は進歩するが、人間は進歩しない。

 戦前と同じことの繰り返しが起こっている。

 歴史を忘れた国は滅亡する。

 記憶を奪われた国は滅亡する。

大金を支払ったのは、罪があったからだと考える人種 


 日韓基本条約で大金を支払ったのは、日本が余程の悪事を働いたからだと考える。知識・技術を教え様々な援助をすれば、決して感謝はせず、何か後ろ暗いところがあるからだろう・援助をした方が得になるから援助しているのだと考える。

 そんな人々は日本にもいる。陰険な、猜疑心の強い、狡猾、強欲、獰猛な人たちはそのように考える。

 利用価値があると見たら、近寄って来るが、用済みになれば感謝の「か」の字もない。

 自分の得にならなければ、指一本動かすものイヤというタイプの人間。

 日本人はみんないい人と思っていたら、躓くことになる。日本人の中にも計算高い、狡猾な、恩知らずが居る。嘘吐きもいる。

 
 散々な目に遭わされたら、二度と善意の付き合いをしてはならない。「人を見たら泥棒と思え」を原則につきあわねばならない。

 徹底的にたちの悪い泥棒だと見做して、言葉一つも交わす必要がある。必ず第三者のいる場所でなければいかなる言葉も交わしてはならない。

 言葉を翻す者とは付き合えない。嘘を吐くことは戦争を仕掛けることである。言葉をかけられたら、戦争を仕掛けられたと心得ねばならない。

善人・正直者を生贄にする=被害者を加害者にでっち上げるのは許さない! 

 わが日本に嘘八百の横車を押して冤罪に落とそうと目論む韓国。その偽証罪・誣告罪の多さを見れば、どちらが嘘吐き民族か解る筈なのですが、日本をどうしても優れた民族とは認めたくない点では、諸外国、特に戦勝国は同じなので、事実を指し示しても無駄かもしれません。『理解は願望』ですから。
 韓国がいかに嘘吐きで不潔な民族かを歴史を遡って示し続ける必要があります。敗戦時、日本人がどんな目に遭わされたか、半島でも、国内でも・・・。これをやらないなら外務省の存在理由はない。全員クビ!!!
 李承晩ラインによって殺傷された日本人に関しては、謝罪も賠償もされていない。竹島を野蛮な手段によって奪った。この事実も忘れてはならない。戦後不法入国して、いまだに特権を行使している。パチンコで日本人の生命財産を奪い続けている。・・・・・
民間人を虐殺・強姦したアメリカにとっては、韓国を利用して日本人は強姦魔・殺人鬼・強盗だとしたいのでしょう。
 フーバー大統領の回想録も出たのに、アメリカ人は無視するつもりなのでしょうね。
 金と力がすべての価値観しか持たない国ですから、口先では正義と言いながら、正義を踏み躙るのが、アメリカも含め白人の本性です。支那人も同類。韓国は支那の隷属国ですから同類。つまり、白人と支那人は人類に対する加害者です。
 大声で、白人が何をしてきたか、支那人が何をしてきたか今何をしているかをハッキリ言うべきです。このまま日本は未来永劫犯罪者の烙印を押されてしまいます。あの戦争を知っている人はもう殆ど生存していないのですから。自民党の怠慢です。
 自国民を虐待する政府は子を虐待する親と同じ。嘘吐きの誣告常習犯の韓国と良い勝負かも???




酒井信彦の日本ナショナリズム 
から


米国によって敗北した安倍外交

Posted by: 中の人2
2016年1月22日 20:02
月刊日本 羅針盤
.

『月刊日本』2016年2月号 羅針盤 2016年1月22日

日韓首脳会談で約束されていた、慰安婦問題に関する最終合意なるものが、昨年末に実行された。その内容は日本にとって、あまりにも屈辱的であり、日本外交の完全なる敗北である。慰安婦問題については、近年、日本側では河野談話の検証、朝日新聞の報道修正があり、韓国側では韓国学者の研究、パク大統領の国連演説など、客観的状況は日本に有利に展開していただけに、この敗北に対する失望は極めて大きい。

岸田外相は共同発表の冒頭でこう言った。「慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している。」

軍の関与と日本政府の責任を認めて謝罪したことは、慰安婦が戦時売春婦という、何処でもいつの時代にもある、極めて普遍的な存在である真実を無視し、特別に悲惨な事例であるとの曲解を、決定的に定着させたものと言わざるを得ない。すなわち恐るべき冤罪の確定である。それを証明しているのが、今回の欧米諸国の報道であって、「性奴隷」という忌まわしい表現が頻りに使われている事実である。

安倍外交の巨大な失策であって、戦後レジームの脱却を謳った首相が、精神的レジームの定着を行ったという無残な皮肉である。これはちょうど三十年以前、戦後政治の総決算を掲げて登場した、ナショナリスト・中曽根首相が、第二次教科書事件及び靖国参拝問題で、大失敗したのと極めて類似している。
.

ただし今回の事態は、ある程度予想されたことでもあった。慰安婦問題は基本的に日韓の問題であるが、最も大きく作用したのは、アメリカという要素であろう。すでに第一次安倍内閣の時に、慰安婦問題で議会決議を行った。最近では靖国参拝問題など歴史問題で、日本に対して冷酷な態度を取ってきた。それが昨年の安倍首相のアメリカ議会演説、七十年談話に反映しているのであり、日韓首脳会談自体も、明らかにアメリカの要請によるものであろう。その流れの中で、今回の日韓慰安婦合意なるものが出現した。アメリカのケリー国務長官は、早速歓迎を表明した。所詮、被保護国・日本に外交的な主権は存在しないのだ。

安倍首相は七十年談話で、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と言ったが、けしてそうはならないだろう。韓国人は絶対に納得しないし、韓国政府はそれを抑えられない。まして慰安婦問題は韓国だけではない。現に台湾が言い出してきている。

今回の合意を「最終決的かつ不可逆的な解決」だとしているが、そんなことになったら日本の方こそたまったものではない。今度は日本の方がこの「決着」を覆してゆく努力をしなければならないのだ。韓国はそれをさんざんやってきたのだから、日本にも同じことをやる権利がある。その中核的な論点は、今回の「決着」で誤魔化されてしまった、慰安婦の普遍性という視点である。軍事と性という普遍問題を、日本についてだけ糾弾するのは、日本に対する偏見であり差別であり迫害である。岸田外相の説明とは全く逆に、慰安婦問題こそ、「日本民族の名誉と尊厳を深く傷つけた」冤罪問題なのである。

その上で、更に対内的と対外的と、二つの活動が必要になるであろう。歴史問題の歴史を回顧してみればすぐに分かるが、歴史問題を此処まで深刻化させた張本人は日本人である。朝日新聞に代表される、日本を貶めて狂喜する虐日日本人が、歴史問題を生みだし、それをシナ人・朝鮮人が決定的に利用したのである。この犯罪行為を告発・糾弾して、彼らに明白に謝罪させなければならない。彼ら虐日日本人こそ、日本の歴史上に出現した最悪の人間類型であり、民族の裏切り者である。

一方、対外的には、戦争犯罪なるものを、未解決の課題として包括的に問題化することである。特にアメリカによる我が国に対する戦争犯罪の追及は、全く放置されたままである。原爆は言わずもがな、焼夷弾を使用した空爆こそ、正真正銘のホロコーストに間違いない。また機銃掃射は民間人を対象とした、明白な虐殺行為である。

現在の日本人は大和魂を骨抜きにされて、内外の敵と戦う知力と気力を喪失している。慰安婦を「性奴隷」と決めつけられることによって、日本人が「精神奴隷」させられているのだ。ただし精神奴隷だから、その真実に全く気が付かない。

台湾地震 手抜き工事による人災=犯罪 


 柱の中に空の一斗缶を入れたら、地震で倒壊すると承知の上で、つまり死者が出てもよいという確信犯の為に犠牲者が出た。

 遅かれ早かれ、犠牲者は出ると解っていた。平気で人を騙して金儲けをした。つまり犯罪である。

 未熟医師に執刀させたらどうなるか承知の上で、患者を騙して未熟医師に執刀させたのと同じ詐欺である。繰り返し確認したのに、未熟女医に執刀させることは隠していた=嘘を吐いたのである。これが犯罪でないと言えるのか。犯罪であるから、当該病院院長はいきなり、逆切れして暴言のオンパレード。つまり暴力で捩じ伏せようとしたのである。暴力団と同じ。

 虚偽で患者を騙して取り返しのつかない犯罪を犯しても、「医師の裁量」。

 「医師の裁量」ですべて解決できるというのは、患者は何をされても泣き寝入りということである。医師は占領下の占領軍と同じである。

 かかりつけ医には点数をつける? かかりつけ医なら間違いのない専門医を紹介してくれるのか。手術に失敗しても説明がされなかったら、かかりつけ医が問い合わせてくれるのか。

 日本人全員がまともな医師にかかれるなら、使えない医師は廃業するしかない。まことに結構なことである。医師免許を取ったら皆平等という間違いと改めるべきである。米でも野菜でも肉でも値段はピンからキリまである。品質に相応の値段をつけるからである。いやしくも米なら価格は同じだとしたら、国民が黙っていない筈だが、日本人はおとなしいので黙るだろうか。

 インチキ医者が大きな顔をしているのを放置する法治国家???


 少なくとも手術の録画は義務付ける必要がある。患者はこれを要求する権利がある。手術前に録画を拒否するような医者は拒否すべきである。息を吐くように嘘を吐くペテン医者に天罰を!


 

War Guilt Information Program 

http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/m/201110 (浮世風呂)から転載

War Guilt Information Program 

戦争への罪悪感を日本人の心に植え付けるための、GHQによる洗脳政策。


【検閲指標】


「削除または掲載発行禁止の対象となるもの」として30項目からなる検閲指標が纏められ、連合国批判、

東京裁判批判に繋がる一切の言論は封じ込められた。


1) SCAP〓連合国最高司令官(司令部)に対する批判

2) 極東軍事裁判批判

3) SCAPが憲法を起草した事に対する批判。

4) 検閲制度への言及

5) 合衆国に対する批判

6) ソ連に対する批判

7) 英国に対する批判

8) 朝鮮人に対する批判

9) 中国に対する批判

10)他の連合国に対する批判

11)連合国一般に対する批判

12)満州における日本人取り扱いについての批判

13)連合国の戦前の政策に対する批判

14)第三次世界大戦への言及

15)ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及

16)戦争擁護の宣伝

17)神国日本の宣伝

18)軍国主義の宣伝

19)ナショナリズムの宣伝

20)大東亜共栄圏の宣伝

21)その他の宣伝

22)戦争犯罪人の正当化及び擁護

23)占領軍兵士と日本人女性との交渉への言及

24)闇市の状況

25)占領軍軍隊に対する批判

26)飢餓の誇張

27)暴力と不穏の行動の扇動

28)虚偽の報道

29)SCAPまたは地方軍政部に対する不適切な言及

30)解禁されていない報道の公表


日本の国民に愛国心を持たせず、戦争への憎悪を植え付けるための様々なプログラムの一つとしてこの検閲指標が作成され実行された。

その命令を全面的に受け入れたことで、あれほど大本営発表を垂れ流した各新聞やラジオが、潰されずそのまま営業を続けることが許されたのである。

そして日本にとって最大の不幸は、その為の監視として日本語を話せるという理由から、GHQが在日朝鮮人を使ったことだった。警察、検察、官庁、マスメディアなどに在日朝鮮人を入れ、日本へ帰化を促した。

戦後駅前の一等地がいつの間にか在日朝鮮人の所有となっていた謎が、このことによって解けるはずである。



敵国(ならず者)が目の敵にするものこそ、我等の宝 

 C国やK国が目の敵にするものこそ我等の宝である。

 人間にとって一番大切なもの、「品性」(やせ我慢・武士道)、これを支えているのは、皇室・靖国神社である。

 衣食住に欠乏していた時代ならともかく、もはや戦後ではないと言われてからも、金・金・金・・・。拝金主義で暴走してきた。今立ち止まって考えなければ、真の亡国。

 観光客を当てにして「おもてなし」?

 乞食根性である。

 勝ち負け・損得しか頭にない人間(?)をおもてなし。。。

 悪魔におもてなしをしてどうしようというのか。

 品格のある国が、観光立国などするか?

 品格のある国からならば、歓迎するが。

 粉ミルクや紙おむつの買い物ついでに物見遊山。 お金を落としてくれるから、「おもてなし」・「愛想笑い」? 益々舐められるだけ。

 敵国への献上金だけで、どれほど国民の金が絞り取られているか解っているのか。

 日本人が優しいと世界中に知られれば、不法移民が増えるだけ。

 皇室や靖国神社を冒涜するような国から来た者は、神社仏閣への立ち入りを禁止すべきである。玉砂利に痰を吐くようなものを入国させてはいけないのである。

 乞食根性・奴隷根性が国を滅ぼす。

 武士は食はねど高楊枝!

 

 

事実が暴露された暁には、、、 

 慰安婦捏造の実態が暴露された暁には、日本人は誣告の被害として、「謝罪と賠償」と求めなければならない。被害者と加害者の関係は1000年経っても変わらない。1000年言い続けねばならない。

 あの国と関るときには、あの国と関係して受けた被害を徹底的に並べてから、対応すべきである。

「河野談話」を検証すると言っただけで、火病。。。 

 「河野談話」を検証すると言っただけで火病を発症する。見直すとも、取り消すとも言っていない。日本の犯罪が確実だという自信があるのなら、検証はすればするほど良い筈。

 検証の一語で火病・・・これだけで、誰が嘘をついているかハッキリする筈です。


 偽りの説明、デタラメ手術、痛み・めまいの説明拒否、暴言のオンパレードのペテン医者の対応と似通うものがある。
 
 もっともっと反発を大きくして、すべて掘り出していけばよい。

 親が貧乏で売られたという最初の証言が録音で残っていれば、十分ではないか。福島瑞穂弁護士も大恥をかくことになる。

 元慰安婦に二重の恥をかかせた朝日新聞の罪は大きい。

 慰安婦はもし嘘がばれたら、朝日新聞に損害賠償を請求すればいいのでは???

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。