スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとなしい生徒を狙って・・・卑劣! 

「15年前から教え子にわいせつ」兵庫の元塾経営者、女子中生らに 容疑で逮捕」
.

 自宅で経営する塾で生徒の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警社署は28日、強制わいせつ容疑で、兵庫県加東市掎鹿谷(はしかだに)、元学習塾経営の男(59)=別の強制わいせつ罪などで起訴=を再逮捕した。同署によると、容疑者は「15年ほど前からやっていた」と供述。自宅から押収したDVDなどの映像から、被害者は15人以上とみられ、同署が詳しく調べている。

 再逮捕容疑は平成24年6月27日午後9時20分ごろ、自宅兼学習塾の1階和室で、約20分間にわたり、当時14歳の中学2年生だった女子生徒にわいせつな行為をしたとしている。「性欲を満たすためにやった」と容疑を認めているという。

 容疑者は、別の教え子の女子中学生にわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして、今月24日、神戸地検姫路支部が、強制わいせつと児童買春・児童ポルノ法違反(製造)罪で起訴していた。

同署によると、塾は個別指導で、主に容疑者が1人で生徒を教えていた。指導中、「頭がさえるツボがあるからマッサージをしてあげる」などと持ちかけ、拒否できない生徒ばかりを狙ってわいせつ行為に及んでいたという。

 塾には、多い時期には小学生から高校生までの男女約40人が通っていたが、被害にあっていたのは主に女子中学生とみられる。
 (産経 west)


***************

 泣き寝入りすると狙った相手を狙って、犯罪行為!
 
 ペテン医者も同じ。病気か?

 牢獄か、病院の鉄格子の中に閉じ込めるべき。
スポンサーサイト

「手術ありき」の説明 群馬大病院 

YAHOO!JAPAN ニュース 
 

群大死亡 遺族「手術ありき」
2015年9月26日(土) 8時26分掲載 .

Movie


群馬大肝臓手術 遺族「手術ありきの説明」 
 
 群馬大学病院で同じ男性医師による肝臓手術を受けた後、患者が相次いで死亡した問題で、25日夜、遺族が会見を開き、「簡単な手術だと言われた」「手術ありきでそれしかないという形での説明」だったなどと訴えた。(日本テレビ系(NNN))
[映像ニュース] .

病院の対応に不信感

 群馬大病院30人死亡 遺族、弁護団「質問書兼要望書」提出

 反論文には「1時間以上かけて説明した」などといった記載があったが、遺族の1人は「1時間以上の説明があれば、もっと違う印象が残っているはず」と執刀医らの反論に不快感。
 産経新聞(2015年9月26日)


 群馬大学病院腹腔鏡手術 遺族ら、病院の対応に不信感あらわに

 フジテレビ系(FNN)(2015年9月26日)

同じ医師の手術で30人が死亡

 群馬大病院さらに12人死亡、同じ医師の手術後
 TBS系(JNN)(2015年9月26日)

 群大病院、死亡率6倍…13・79% 平均は2%台
 読売新聞(2015年1月16日)

 【日本の議論】「腹腔鏡手術」決して安全なわけではない 群馬大病院「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
 産経新聞(2015年2月7日).

※リンク先が削除されている場合があります。



****************


 7人に1人の割合で死亡でも仕方ないというほどの重病だったのでしょうか。遺族によると、「簡単な手術だと言われた」「手術ありきでそれしかないという形での説明」だったそうです。騙して手術したということではないでしょうか。ならば、ミスではなく、故意に偽りの説明をして、 手術の材料にしたということです。

 これは過誤ではなく犯罪です。

 

ハーバード大学教授、李啓充医師 の コメント 

 2015/9/23 「医療情報の公開・開示を求める市民の会」シンポジウム  勝村久司さん(産科医療保障制度再発防止委員、被害者遺族)の発言


 米国科学アカデミーの「To Err is Human」という報告書は、医療過誤を「治療が予定されたプラン通りに実施されなかった、あるいは、予定したプランが初めから間違っていた」と定義しています。『ちなみに、インフォームド・コンセントは 「医療者が患者と共同の治療目的を設定して、その目的を達成するために治療プランを作成するプロセス」 と定義されますので、米国科学アカデミーの医療過誤の定義は、「インフォームド・コンセントで患者と取り決めたことが守られなかった、あるいは、誤った情報をもとにインフォームド・コンセントが作成された」と置き換えることができます。


 しかし、日本における医療過誤は、「医療の側がインフォームド・コンセントのプロセスを端から無視している」ケースが目立ち、米国科学アカデミーの定義からすると「医療過誤」の範疇には入れてもらえません。インフォームド・コンセントという現代医療の根幹に関るルールを無視するようなケースは、「過誤(善意が前提となった行為の誤り)」として取り扱うべきではなく、「悪意をもってなされた犯罪」として取り扱うべきだからです。
 


 ===================

 フォルクスワーゲンの排ガス不正ソフトは、詐欺です。 これは犯罪です。
  ミスではなく、悪意をもってなされた犯罪です。

劣った者が勝つには『騙す』しかない 

 能力の劣った者が競争に勝とうとすれば、インチキをやるしかない。

 医療情報を与えるのが医師の仕事であるにも拘らず、事実(標準的説明)を隠蔽し、虚偽の説明によって患者を手術へと誘導した。

 やってはいけない手術へと誘導した。未熟医に執刀させた。

 都合の悪いことはすべて『心因性』だと、逃げた・・・計画の上。

 『心因性』は万能の隠れ蓑。

 モラルの片鱗だにない劣等医者が、患者をゲットするためには、詐欺以外に方法はない。

 そこまで想定して受診しなかった患者の自己責任だというならば、騙した方には責任はないのか。

 生ける屍を作っても『証拠がない!』から、完全犯罪。

 ペテン医者曰く、『命に関らない限り説明の必要はない』

 昼はひねもす、夜は夜もすがら、患者を騙すことしか考えていないペテン医者。

 ペテン医者に天罰を!


 質問状に対してまともに釈明出来ないのは、後ろめたいからである。

 まともな説明、まともな治療をやったというなら、きちんと返答できる筈である。

臭いものに蓋 

 日本人の偽善。
 穢いものは見ようとしない。
 見て見ぬふりをする。
 犯罪も、殺意はなかった、環境が悪かった、と言って済ましている。
 
 善人・正直者が泣きを見る。
 悪魔の天国。

 "エリート" が善人ズラをしたがる。
 己の寛容さを見せびらかしたいだけ。
 自分だけが勝ち残ればよいと思っている。
 けれどもいづれ、己自身も悪魔の餌食になるであろう。

 お人よしの日本人はいづれ絶滅する。

 警察が性善説を前提にしたら、万事休す。どうやって善人を守るのか。

 人と人との関係は、和より敬が大切ではないか。

 和を重んじれば、どこまでも、泣き寝入り。
 
 取り返しがつかなくなってから、怒り狂っても手遅れ。

被害者の人権は放ったらかしの放置国家 

 医師は、患者の質問に対して、理解できるように説明する義務がある。

 けれども、不都合なことは、『素人に話しても解らない!』、 『医師の裁量だ!』と、すべて門前払い。

 『証拠がない!』 と開き直るのは、犯人の決まり文句である。

 ペテン病院を野放しにする国家。いじめを放置する国家の品格は・・・。

 『カネで買えないモノはない』と言ったホリエモンが、スタンダード?

 ヤブ医者・ペテン医者は、手にした既得権を絶対に手放さない。




 ロシア大使館前でのデモを禁止する麻布警察も同様。権力の犬。

 日本人を虐げる側は常に安全地帯にいる。

 司法試験漏洩は氷山の一角かもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。