FC2ブログ

月別アーカイブ

 2015年08月 

アメリカでは暴行罪 

[2015年1月19日]

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
手術録画の義務付けが必要です!

ペテン医者の野放しは許さない!

 
[ジョージ・アナス : ボストン大学公衆衛生学部の保健医療法・生命倫理および人権の教授]
ジョージ・アナス著『患者の権利』によると、

 *患者は医師が自分に傷害を負わせた事実を知らされる権利を有しているか。 

 傷害を負わせた後に、患者への情報を留保した医師によって行われたその後の治療は、暴行罪 と評価されうる。

 ・・・・・・ 開示は、医師の患者に対する受託業務の本質的な部分をなすものである。患者は完全を期待したり要求するのではない ーー 彼らが求めるのは正直さである




 
 *傷害を受けた患者は、医師が社会で認められた医療水準を満たしていないことをどうやったら証明出来るか?
 
 専門医の証言を必要とするという一般的な基準は、過失があまりにも明白なため、専門家証人による助力なくしても一般人の構成する傷害がその存在を認定しうる場合には適用されない。

 「事実そのものが語る」(訳注:過失の推定)と呼ばれる。


 *弁護士費用
 
 実費 + 賠償額の25%~33%。
 10万ドル以下の保証金が予想される場合、断る傾向。 


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
インチキは許さない!

手術録画の義務付けが必要です!
スポンサーサイト