FC2ブログ

本当に後悔するまで叩きつけなくてはいけない。 


インチキと宥和してはならない!

(青空文庫 夏目漱石『坊ちゃん』から)

 ・・・おれは宿直事件で生徒を謝罪さして、まあこれならよかろうと思っていた。ところが実際は大違いである。下宿の婆さんの言葉を借りて云えば、正に大違いの勘五郎である。生徒があやまったのは心から後悔してあやまったのではない。ただ校長から、命令されて、形式的に頭を下げたのである。商人が頭ばかり下げて、狡い事をやめないのと一般で生徒も謝罪だけはするが、いたずらは決してやめるものでない。よく考えてみると世の中はみんなこの生徒のようなものから成立しているかも知れない。人があやまったり詫びたりするのを、真面目に受けて勘弁するのは正直過ぎる馬鹿と云うんだろう。あやまるのも仮りにあやまるので、勘弁するのも仮りに勘弁するのだと思ってれば差支えない。もし本当にあやまらせる気なら、本当に後悔するまで叩きつけなくてはいけない。


インチキと宥和してはならない!
続きを読む
スポンサーサイト