FC2ブログ

月別アーカイブ

 2015年05月 

解放の期限 


ペテン医者の野放しは許さない!
 
 『・・・そうなったとき、彼らの勇気、意志、そして忍耐力の崩壊は実に急激で、もう永久にその穴底からはい上がれないだろうと感じられるほどであった。 彼らはしたがってしいて心を抑えて自分たちの解放の期限を決して考えまいとし、未来の方へは振向くまいとし、そしてつねに、いわば目を伏せたままでいようとした。 ・・・ その深淵と山頂のちょうど中間に船を乗り上げて、彼らは生きているというよりもむしろ漂流をしつつ方向もない日々と、うるところのない思い出のままに、みずからの苦痛の大地に根をおろすことをうべなった暁にのみ生気を生じうるであろうところのさまよえる亡霊となり果てていたのであった。

 彼らはこのようにして、なんの役にもたたない記憶をいだいて生活するという、すべての囚人、すべての流刑者の深刻な苦しみを味わった。 彼らがたえす回想していたその過去さえ、ただ悔恨の味わいをもつばかりであった。 ・・・ 自らの現在に焦燥し、過去に恨みをいだき、しかも未来を奪い去られた、そういう我々の姿は人類の正義あるいは憎しみによって鉄格子のなかに暮させられている人々によく似ていた。

 彼の方は、実際長い反芻と苦悩の日々の奥底から語っているのであり、相手に伝えたいと想うイメージは期待と情熱の火で長い間煮つめられたものである。これに反して相手のほうは、あり来たりの感動や市販の商品みたいな悲しみや十把ひとからげの憂鬱などを心に描いているのである。・・・』 
(カミュ)  


ペテン医者の野放しは許さない!
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
応援ありがとうございます

スポンサーサイト