FC2ブログ

判例 精神的損害 


応援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない! 

  期待権の侵害が問題となるのは、癌などを早期に発見のためいついかなる検査をなすべきかが医師に対して問われることとなる。当該医療機関の検査能力とも関係し、他の専門医療機関で受診するよう勧告すべき義務(説明義務の一種)の違反も問われる。

【参照判例】
 「しかるに本件においては、被告Bは,兆候を見過ごして疑うべき肝臓癌を疑わず、そのための検査を行わずに、漫然と飲酒過多による肝障害等に対する治療を続けたにすぎなかったのであるから、医師としての義務を怠ったことは否定できない。その結果、亡Aは、被告Bが肝臓癌を疑ってそのための処置をとるべきであった昭和60年10月中旬頃から被告Cの病院において診断を受けた11月23日までの約1か月半弱の間、被告Bの不適切な診断の故に原因が何であるかを知ることができず、医師や家族と共に肝臓癌と最後の相応の闘いをなす機会を失ったのであった。亡Aは現代の医療水準から一般の患者が受けるであろう適切な診療を受ける機会を逸してしまったのである。誤診や不適切な診療と死との間に相当因果関係が認められず、診療が適切であったならば延命可能性があったと認めることはできないとしても、適切な診療をなすべきであったと認められる以上は、その適切な診療を受ける機会を失ったことの損害があることを否定することはできない。これは精神的損害であって慰謝料を以て償われるべきものである。」 (東京地裁平成5年1月28日判決・判時1493号66ページ)


応援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない! 
スポンサーサイト



『ISILへ行く』と言えばメディアが採り上げてくれるかも??? 


応援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない! 

 『ペテン病院に騙されて人生を奪われたので生きていても仕方がない、ISILへ行く』と言えば、メディアがとりあげてくれるのかな・・?
ペテン病院の詐欺商法を全国に知らしめることが出来るのに。 このまま泣き寝入りすれば、ペテン病院の思う壺。

 モノなら毀損すれば賠償するのは当然である。

 人間なら、心身傷つけても許される。意図的に傷つけても 『医師の裁量』。

 『医師』も天才・聖人からペテン師・ヤクザまで、色々なのに 同じ診療点数とは、ひとをバカにしている。

 商品なら品質の違うものに同じ値段をつけるなどあり得ない。

 どうしても欲しいと思えば、無理してもおカネを工面する。

 医師は病院の商品ではないのか。ならば品質表示を求めるのは患者の権利である。

 大学病院を受診するには1~2万円必要になるとか言うが、開業医にはどこへ紹介すべきか正しい判断が出来る能力があるのか。大学病院の収入の為ではなく、門番に支払うチップのようなものではないのか。医師会の圧力ではないのか。

 もし悪い病院へ紹介して取り返しがつかないことになったら、開業医はどう責任をとるのか。

 私をペテン医者に紹介した開業医は、術後のめまい・痛みの心配を相談に行ったら、『もうその話はしたくない』と切り捨てた。そのうえで、血圧を測って降圧剤を出した。

 そもそも最初に受診したときに検査が必要だと診断していれば聴力も温存できた筈である。こんな開業医にいちいちチップを払う必要があるのか。



応援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!