スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三次元治療計画ガイドライン 


ペテン医者の淘汰を!
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
応援ありがとうございます

  放射線治療計画ガイドライン・2004 中枢神経:聴神経腫瘍 には三次元治療計画を用いた聴神経腫瘍に対する多門照射の例(北海道大学放射線科 青山英史先生のご厚意による)が出されている。

  三次元治療計画を用いた聴神経腫瘍に対する多門照射の例

 ガイドライン2004には、インフォームド・コンセントの際にはこの内容が説明されるべきだと書かれている。にも拘らず、2008年秋の手術の前に説明しなかった。手術しか方法がないと言ったのである。しかも簡単な手術できれいにコロッと取れると。良性腫瘍だからそうなのかと、よほど自信があるのだろうと、医師の言葉を信じたのである。開業医に紹介されたから、良い医師を紹介して下さったのかと感謝した。ところがすべて真っ赤な嘘。

 2009年5月に説明を求めたが、『放射線は脳へのダメージがある、白血球が減少するので体への負担も大きい』と、手術が必要だったことを強弁した。 

 再手術(他病院で)の後、ガンマナイフ治療も受けたが、体調に異変は全くなく、退院と同時に元の生活に戻ることが出来た。

 どこまでも患者を騙そうという魂胆だったのである。まるでカルト宗教の手口。

 担当医自身がカルテに、『書面での説明』を求められたと記載している。それは『素人に話しても解らない』と説明を拒否されたので、ならば『書面での説明を』と、求めたからである。(2009年5月)

 けれども、 『書面での説明は時間がかかる』と、結局、説明は口頭でも書面でも、拒否。

 カルテには、『30分かけて説明した』と記載している。患者を余程無知だと思っているのか、大きな態度で言いくるめようとしただけ。30分もかけられたとは思えないが、時計は見ていない。が、説明といえるような説明は一切なかった。

 2009年2月(退院から3ケ月後)には、説明を求めてメモ帳を出したら、 『そんなこと、やめましょうよ』と、メモを禁止した。

 未熟医師がどれほどデタラメな手術をしたかを、見て知っているのだから、いきなり説明を求められたら、拒絶するしなないのである。

 公開質問状に対しては、 『素人に話しても解らない』など医師が言う筈がない、すべて適切な対応をした、 との回答。

 あからさまな犯罪集団である。



ペテン医者の淘汰を!
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
応援ありがとうございます
スポンサーサイト

第九条 信是義本(まことはこれ、ことわりのもとなり)  


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!

 十七条憲法の第九条 
 信はこれ義の本なり。事ごとに信あるべし。それ善悪成敗はかならず信にあり。群臣ともに信あるときは、何事か成らざらん。群臣信なきときは、万事ことごとくに敗れん。


 日本は、人との信頼関係を基本に社会が成立している(していた)が、変化が起こりつつあるのかもしれない。

 中国に詳しい黄文雄氏によると、日本人は子供が生まれると、「元気で素直(正直)な子に育って欲しい」と望むが、中国人は、「他人に騙されない人間に育つよう」望むらしい。

 「ヒポクラテスの誓い」が語り継がれているということは、古代から患者を騙す医師がいたということでしょうね。今のような情報社会でも患者を意図的に騙す医者がいるのですから、昔の方がはるかに素人を騙しやすかった筈です。


**************

  【ヒポクラテスの誓い・原文:小川鼎三訳】

 医神アポロン、アスクレピオス、ヒギエイア、パナケイアおよびすべての男神と女神に誓う、私の能力と判断にしたがってこの誓いと約束を守ることを。

• この術を私に教えた人をわが親のごとく敬い、わが財を分かって、その必要あるとき助ける。

• その子孫を私自身の兄弟のごとくみて、彼らが学ぶことを欲すれば報酬なしにこの術を教える。そして書きものや講義その他あらゆる方法で私の持つ医術の知識をわが息子、わが師の息子、また医の規則にもとずき約束と誓いで結ばれている弟子どもに分かち与え、それ以外の誰にも与えない。

• 私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、悪くて有害と知る方法を決してとらない。

• 頼まれても死に導くような薬を与えない。それを覚らせることもしない。同様に婦人を流産に導く道具を与えない。

• 純粋と神聖をもってわが生涯を貫き、わが術を行う。

• 結石を切りだすことは神かけてしない。それを業とするものに委せる。

• いかなる患家を訪れる時もそれはただ病者を益するためであり、あらゆる勝手な戯れや堕落の行いを避ける。女と男、自由人と奴隷の違いを考慮しない。

• 医に関すると否とにかかわらず他人の生活について秘密を守る。

• この誓いを守りつづける限り、私は、いつも医術の実施を楽しみつつ生きてすべての人から尊敬されるであろう。もしこの誓いを破るならばその反対の運命をたまわりたい。


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!

鼻でも詰まっとるんやろ 


意図的な瞞着は犯罪である
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!
  手術前の説明とあまりにも違うので、担当医に説明を求めましたが、『腫瘍をとったからといってすぐ快くなるわけではない』、『めまいには複合的な要素があるから』 など、まともな説明は得られませんでした。めまいの原因は腫瘍であり、簡単な手術できれいにコロッととれるとの説明だったので手術を受けたのです。腫瘍と関係ないのなら手術を受ける必要は全くなかったのです。聴神経腫瘍は良性腫瘍であり、症状さえ出なければ何もする必要はないのです。経過観察(MR検査)だけでよいのです。

  手術の翌週の回診時に、院長の『めまいは治ったか?』との質問に『治っていない』と答えたら、院長は 『もともとの病気だから』 と。。。

  院長回診に同行してきた医師からめまいの経過についての質問があり、説明しました。すると、『関係ない!』 と大声で断定したのです。頭の中が 『?』 でいっぱいになりました。

  この時のことも担当医に訊いてみました。すると、『診断は医師によって異なるんや』と言って平然としていました。けれども、担当医が 『めまいは腫瘍によるものであり、手術によって治る』 と診断したのです。ならば、退院から3ケ月以上経ってもめまいが治らない理由を説明する必要がある筈です。『1ケ月で仕事復帰』と言ったのはこの担当医です。

 これでは埒が明かないと思い、大学病院への紹介状を書いてもらうことにしました。ところが、このとき改めて、めまいの経過について尋ねてきたのです。改めて最初の症状から説明すると、『腫瘍とめまいは関係ない』と言ったのです。『腫瘍とめまいは関係ない』と断定した医師のことを話したときには 『診断は医師によって異なる』と言ったのです。つまり、担当医の診断は 『関係ある』 だったのです。
 腫瘍とめまいは『関係ある』 から手術をしたのです。ところが、大学病院からは『心因性』との答えを引き出したいから、つまり、手術の失敗を隠蔽するために、『関係ない』に変更したのです。どこまでも患者をバカにしています。

 まるでキツネにつままれているようでした。

 その紹介状は(後でカルテ開示により分ったのですが)、めまいの原因は『心因性』であると誘導するものでした。最初から『結論ありき』で、大学病院の若い医師には鼻で嗤われただけでした。

 もう一人の執刀医であり、術後の回診時に『めまいはもともとの病気だから』と言った院長の言葉が気になっていたので、院長を受診しました。
 回診のときに『めまいが治らないのは、もともとの病気だからと仰ったが、回復に時間がかかると言う意味か、それとも他の病気という意味か?』 と尋ねました。院長の返答は『両方の意味や。』 でした。 ???
 他の病気なら、腫瘍の手術で治る筈がないし、時間がかかっても治るなら他の病気とは言えない筈です。
 
 手術前のインフォームド・コンセントのとき、担当医から『めまいは治る』との説明があったから手術を受けたのだと話したら、『手術直後に起こる激しいめまいは治ると言う意味だ』 と。。。 そもそも手術直後に 『激しいめまいが起こる』 などという説明はなかったのです。
 実際、手術直後には激しいめまいがあり、そのことを伝えていましたから、記録を見て『手術直後に起こる激しいめまい』などという言葉を出してきたのでしょう。  
 汚い!というより、バカ丸出し!

 痛みの訴えに対しても、『痛みには証拠がない』、『子供産んだことあるか?』、『痛みの感じ方は人によって違うんや!』、『命に関らない限り説明の必要はない!』 ・・・と。手術をした患者に対する対応が、まるで敵と対決しているかのようです。 『執刀は院長と担当医先生でされると聞いている』 と言うと、院長は 『手術をした記憶はない、聴神経腫瘍はたいてい○先生(担当医)と2人で行うがいちいち憶えていない』 と。このとき、術後半年です。

 耳の中が腫れて、症状が悪化した(雑音がさらに大きくなった、自分の声が反響する)ことを伝えましたが、『何故、腫れたと判るのか、鼻でも詰まっとるんやろ! 』と言う返事。

 院長も悪質なペテン医者だと思いました。国立大学病院教授への紹介状を書いてもらいましたが、ここにも(カルテ開示後に分ったのですが)、『心因性』であると誘導する言葉が書かれていました。
 最初に『この患者は手術目的で入院してきた』と書かれていました。これは私が、『検査だけの目的で来たのに、簡単な手術できれいにコロッととれると説明されたので手術を受けた』と言ったので、このことを大学病院で話されると困るので、こんなことを最初に書いたのでしょう。普通こんなことは書かないそうです。書かなくても、電話でどんな打ち合わせも陰謀も可能ですよね。

 めまい症状の一つは、一歩歩くごとに景色が揺れるのです、地震のときの映像のように。洗濯物を干すとき、頭を上げたり、下げたりします。このときにクラクラして、ぐったり疲れてしまうのです。もう一つは、方向転換時には必ずめまいがします。角を曲がったり、振り返ったりすると必ずめまいがします。転倒することもあります。日常生活の何分の一だけで、疲れきってしまうのです。その上に強い痛みです。切っていないところにも数多痛みが生じました。傷跡にはタワシが刺さっているような痛みが四六時中続いたのです。
 
  手術から半年経って痛みが我慢できなくなっていました。 私は 『原因を知りたい』 と説明を求めました。 院長は 『痛みの原因を知りたいと言うような性格は改めるべきだ』 と。。。 私は 『原因を知った上で治療を受けたい』と言いましたが、院長は『鎮痛剤を飲めばいい』と。 私は『いつまで飲めばいいのか』と尋ねました。院長は『いつまででも飲めばいい』と。

 このような強い痛みが出るなら、『手術の前には疼痛に関する説明する必要がある』と言いました。院長曰く『この程度の手術、どこでやっても同じ』 だ と。

 カルテ開示はこの約2年後でした。


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!

痛みの再発 

  6年前の手術後に出た痛みの一部が再発。
 耳の付け根が痛くてマスクがかけられない。
 メガネがかけられない。
 骨の縫合部が痛む。
 後頭部もヒリヒリ。

 こういう場合、(6年前に)最初の手術をした医師に相談するべきだが、患者を罠にかけた医師が、患者の訴えを聞く耳持つ筈がない。
 手術の直後から、態度を豹変したペテン医者が患者の痛み、苦しみなど聞く耳持つ筈がない。
 手術をやってしまえば、もう "用済み" なのだ。


ペテン医者の野放しは許さない!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
 
 昨年の再手術の後は順調に痛みも回復して、もう安心だと思っていた。
 今年の秋、歯の根が化膿して腫れ、痛み・点滴・切開・抜歯。
 鎮痛剤を飲んでも痛みが強かった。
 切開の後は、鎮痛剤が効いているのか分らないほどの痛み。

 この強い痛みに伴って、最初の手術後に出た痛みの一部が再発した。
 6年前の痛みと病院の対応(暴言)を思い出すと精神的に参る。
 『痛い』と訴えているのに、医師が『痛くない』と決めつける。
 大学病院への紹介状に、『心因性』であると書いた。

 『心因性』 は、水戸黄門の印籠のように使えるらしい。
 医療被害者の方の話を読んだり聞いたりすると、『心因性』で逃げる医師が非常に多い。

 『手術は成功したのに、何故?』と不思議だったので尋ねただけなのに、院長がいきなり暴言のオンパレード。 『手術した記憶がない』 と言ったり、『なんてこと訊くんやぁ!』、『命にかかわらない限り説明の必要はない』等々。
 自ら馬脚を現したということ、犯人の自白のようなものだが、『公開質問状』に対しては、医師たる者がそんなことを言う筈がない、すべて適切な対応をしたと回答。(配達証明で送付したので一応返事は来た)

 公平な報道を求められて逆切れしたマスコミに似ている。公平な報道をしていない自覚があったということになる。

 未熟な女医に執刀させた張本人だから、いきなり急所を突かれて逆切れしたのだろう。

 悪党の割に浅はかだ。

 後で聞いた話だが、院長は自らは執刀しないそうだ。

 『院長と二人で執刀する』と自信満々に言ってのけた時点で、担当医がそもそもペテン医者だ。

 よくも最初から騙してくれた。

 おとなしい相手を見るといたぶらずにはおれない本能が働いたのか。

 詐欺の常習犯ではないのか。
 氷山の一角ではないのか。 


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ご支援ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。