スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害者から怒りの意見 


当該病院のやったことはミスではなく、意図的な詐欺です。殺人なら殺意があったかどうかが問題になりますが、医療の分野では、意図的な詐欺でも『医師の裁量権』と言って済まされるのでしょうか。

『医療過誤原告の会』のHP から転載させていただきます。



人気ブログランキングへ

医療法人協会系の委員の主張に怒りの意見


厚労省医療事故調査制度ガイドライン検討会で、医療法人協会系の委員が主張する、「単純ミスは調査対象外」、「院内調査報告書は作成する必要がない」、「院内事故調査報告書は遺族に渡さない」、「再発防止策は報告書に必要ない」など、被害者の人権軽視の主張に、医療過誤原原告の会幹事・富永恵子さんから、怒りの意見が寄せられましたので、以下紹介します。


医療事故調査制度の検討会も最終に近づいており、大変だと思っております。 厚生省がまとめようとしている医療事故調査制度ですが、医法協ガイドライン推進者の方々には怒りを通り越してあきれています。この方々は、医療事故調査制度ができることには反対なのだと思います。 医法協ガイドライン推進者は制度の反対者なので、検討会のメンバーになること自体そもそも適任者ではないと私は思っています。

厚生省もかつて 医療者も患者も納得ができる第三者調査機関を作ろうと思っておられたのに、どうして今のような状態になっているのか不思議です。 このような厚生省のいかにもお役所的で信念のないあり方も問題を複雑にしています。

現在の検討会の中身では、とうてい患者、国民は納得しないことは明らかです。 医法協ガイドライン推進者は利己的な発言ばかりですね。 このような発言がされていること自体、世間を舐めています。 私は医療事故の後遺症のため、今も治療を続いていますが、ほとんどの医師は真 面目に医療に取り組んでおられると感じています。 しかし、一部の医師が悪質な誤魔化しをしたり、未熟な医療技術のために患者を苦しめています。

医法協ガイドライン推進者は、レベルの低い医師を基準に検討会を進めておられるのでしょうか。 医法協ガイドライン推進者の発言は真面目で志の高い医師を冒涜していると思います。 志の高い医師、良心を持っている医師は検討会での医法協ガイドライン推進者の発言を恥ずかしいと思っている方もおられるのではないでしょうか。

今の検討会のような内容で今後も話し合いがなされるのであれば、時間の無駄ですので、厚生省の理性ある英断を希望しております。 今の内容の検討会であれば、医療事故で苦しんでいる人の何の助けにもならないので、そのような制度は必要ないと思っております。 そのかわり、医療訴訟はますます増加していくことと思います。 医師は訴訟に時間をとられることになります。 だから医療訴訟にならないために再発防止策を報告しないなどの医法協推進派の発言はお門違いも甚だしいと思います。

今のような検討会内容では、必ず訴訟を誘発します。 再発防止策を書かなくても、院内調査を遺族に開示しなくても、医療被害者は病院や医師に対して不信を感じれば死にもの狂いで訴訟をしてきます。 これでは、医師と患者の信頼を築く為に第三者機関の医療事故調査制度を創設しようとした最初の礎が無になってしまいます。 今日まで全うな第三者機関医療事故調査制度がなかったので、私としては、唯一訴訟だけが救いでした。

本来医学のプロは医療事故が起こった場合、原因を正直に究明すべきです。 病院に自浄作用がないから司法に訴えるのです。 金銭的にも大変でしたが、それ以上に医療事故にあった私は心が搔き毟られるほどの辛い気持ちでした。

医法協ガイドライン推進者の方々に申し上げたいのですが、遺族・患者を弱いも のと思わないでいただきたい。 本当に苦しい思いをしたときには、弱いものでも、強く立ち上がるのだということを知っていただきたい。 山口育子さまが発言なさっているように今のような検討会では医療不信の再燃がおこると私も思います。 医法協ガイドライン推進者の方々にはもっと冷静になっていただきたいと思っております。 患者側代表は、無茶な要求はしていませんよ。 至極まっとうなことを言われていると思っています。 今の医法協ガイドライン推進者のお考えでは患者も医師も不幸になってしまいます。 医療で一番大事なことは医師と患者の信頼関係です。 そのことを医法協ガイドライン推進者の方はもう一度深く考えていただきたいと思っております。 よろしくお願いいたします。 福岡で歯痒い思いをしています。 福岡でよい制度が出来ますよう祈っております。

追伸なのですが・・すみません・・・。

医法協ガイドライン推進者が医療事故の報告は「医師個人の責任追及をしないために医療事故を個別的に報告しない」と言っていますが、医学は個別的に検証したことの積み重ねが再発防止になるのではないでしょうか。 だから当然医療事故を個別的に検証報告していただく必要があると思います。 本当に医法協派は寝言ばかり言っているとしか思えません。

それから、第三者機関の医療事故調査委員会の報告に、検証した医師の名前などを開示していただけるのかどうかも気になりました。 アメリカの友人から聞いた話ですが、アメリカでは医師の過去歴などをインターネットで調べることができるようで、医療事故に対しては厳しい世間の目があるようです。 日本では隠し庇いあいの医療文化です。 レベルの低い医師を追及するというよりも、患者は自分の身を自分で守る必要があると思っています。 志の高い、優秀な医師に診ていただきたいことは、命がかかっていますから当然のことと思います。 

医療界はもっと風通しをよくしていただきたいと思います。日本の医療界は横の連携が出来ていないところも欠点と思います。 医師同志もとても閉鎖的な中で働かされているように思います。 日本の医療を抜本的に変えていく必要があると思います。 第三者機関の医療事故調査制度がより優れた働きをして、医療界全体が変わっていくように願っています。 よろしくお願いいたします。 

福岡・富永恵子

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2015年2月15日日曜日 |

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
応援ありがとうございます

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

判例 精神的損害 


応援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない! 

  期待権の侵害が問題となるのは、癌などを早期に発見のためいついかなる検査をなすべきかが医師に対して問われることとなる。当該医療機関の検査能力とも関係し、他の専門医療機関で受診するよう勧告すべき義務(説明義務の一種)の違反も問われる。

【参照判例】
 「しかるに本件においては、被告Bは,兆候を見過ごして疑うべき肝臓癌を疑わず、そのための検査を行わずに、漫然と飲酒過多による肝障害等に対する治療を続けたにすぎなかったのであるから、医師としての義務を怠ったことは否定できない。その結果、亡Aは、被告Bが肝臓癌を疑ってそのための処置をとるべきであった昭和60年10月中旬頃から被告Cの病院において診断を受けた11月23日までの約1か月半弱の間、被告Bの不適切な診断の故に原因が何であるかを知ることができず、医師や家族と共に肝臓癌と最後の相応の闘いをなす機会を失ったのであった。亡Aは現代の医療水準から一般の患者が受けるであろう適切な診療を受ける機会を逸してしまったのである。誤診や不適切な診療と死との間に相当因果関係が認められず、診療が適切であったならば延命可能性があったと認めることはできないとしても、適切な診療をなすべきであったと認められる以上は、その適切な診療を受ける機会を失ったことの損害があることを否定することはできない。これは精神的損害であって慰謝料を以て償われるべきものである。」 (東京地裁平成5年1月28日判決・判時1493号66ページ)


応援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない! 

被害届と刑事告訴 


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!
 
**********

 病院側のために書かれた
『病院法務セミナー:よくわかる医療訴訟』
(井上清成 著)から。

 [増加の一途をたどる刑事告訴]
被害届と刑事告訴
 
 ・・・・・・ 被害届というのはあくまでも「こういう被害がありました」という事実を伝えるだけの非常にクールなものである。 いい換えれば、捜査をするかどうかは警察で判断して下さい、という意味だ。したがって警察も被害届は比較的簡単に受理してくれる。
 ところが、刑事告訴にはその次があって、「だからこの人を処罰してください」 「捕まえてください」 「あの病院を捜索してください」 という強い意志が前面に出てくる。
受理してしまうとこうした強い意志を理解したことになってしまうので、書き直しを求める等して突き返すことが多々ある。

 
 *********

 病院側と警察側に、何らかの親しい関係があれば、患者の被害届は恣意的に握り潰されてしまうこともあるでしょう。普段から病院と警察は公的にも協力関係にあります。
 患者から被害届が出されたことを、つまり患者の名前を病院側に教えてあげることも出来るわけです。 病院側は先手を打つことも出来ます。 警察が被害届の中身を見てから受理しないと言えば、それまでです。

 被害届は警察を信用しているから出すのですが・・・ 。


 **********

 その他に「黙秘権を活用する」 「署名・捺印の拒否」 などの方策が書かれています。

 **********

 病院側は、嘘八百を並べて味方をしてくれる医師仲間がいる、カネに物を言わせて百戦錬磨の弁護士をつけることが出来る。

 病院は手術のビデオなどの決定的な証拠を、『ない』と言って出さなくても罰則がない。

 なのに、患者が証拠を示さなくてはならないことになっている。

 患者側は圧倒的に不利です。不公平です。

 院長の『命にかかわらない限り説明の必要はない!』という言葉は、『黙秘権の行使』だったのでしょうか。

 院長は、そもそも執刀していない(未熟医にさせた)のですから、患者の求めに応じて説明する能力もないし、何か言えば不利になると承知していた。よって、暴言のオンパレードで 『攻撃は最大の防御!』 を精一杯にやったということでしょうか。 
 

ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者の野放しは許さない!

言論の自由はあるが捏造の自由はない 

  『医師の裁量権』は、標準的な説明・標準的な治療を行うことを前提に認められている。
 偽りの説明・デタラメな治療を 『医師の裁量』 だと強弁するのがペテン病院。

 言論の自由は保障されるが、捏造の自由が許される筈がない。
 偽りの説明によって、『自己決定権』が奪われたのである。
 その結果、QOLの低下。
 何よりも大切な時間、ようやく手に入れた孤独と静寂を没義道に奪われたのである。
 医師と言う名の、白衣の悪魔によって地獄に落とされたのである。

 『白衣の悪魔』にとっては『患者の人生なんか知ったことか!』
 『生命にかかわらない限り、説明の必要はない!』 
 『本なんか読む必要はない!』 

 
ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者から身を守ろう!

*******************
稲垣喬 著 『医療訴訟の構造 2002』 から

 I-3 義務違反の場面と請求
 医療過程は、患者が医療機関の門を叩くことから始まり通院の終了ないし退院に際しての療養指導で終わるのが通例であるが、この間に問診・検査、さらには投薬、手術等の処置が続き、患者の管理が介在するほか、さらには
自らの医療機関で診療を行うのが相当でないと判断すれば、患者の他の医療機関への転送がある。 そして診療にあっては、検査ないし治療方法の実施など診療の時間経過ないし段階に応じた処置があり、その前提としての説明と承諾ないし療養指導など、医師による診療行為は目的的に連繋し、前処置とその修正、新たな処置の実施などと言うように多種の態様の行為が重積している。そして原告側によりこのような一連の診療行為の中に潜む過誤を指摘したうえで、これらの義務違背としての過失が請求原因事実として構成・主張され、これが訴訟における証明の主題となる。
 
*******************
いい病院 全国&地方別データブック 2009 (朝日新聞出版)によると、

 関西労災病院      『脳血管がメイン』  
(当該病院から約3km)   の当該病院
脳動脈瘤手術 38    脳動脈瘤手術 50
脳腫瘍手術   86   脳腫瘍手術 記載なし
 
 
 当該病院(脳外科医8名)は、脳腫瘍の症例はあったとしても掲載されない程度です。
2009年と2010年は、脳腫瘍手術は ゼロ です。
 ところが、『簡単な手術できれいにコロッととれる』と断言したのです。本当に大丈夫かと、何度も確認しました。名医であると信じさせる言葉の数々によって、説明当日に手術を決意しました。良性腫瘍であるし、急ぐ必要はなかった。標準的な説明がされていれば、そして、正直に脳腫瘍の専門家ではないと説明されていれば、このような病院で手術などあり得なかったのです。正直であったことは一度もなかった。詐欺です。手術の後になって、『脳腫瘍の手術がそう簡単にできる筈がないでしょう!』 と開き直り。

 裁判に関するブログや『絶望の裁判所』などを読むと、正義を期待することはできないのです。
 まず被害に遭わないために、万全の備えをすることが大事ですね。
 受診されるときは、とにかく大勢で診察室へ入られることをお勧めします。


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ
ペテン医者から身を守ろう!

訴訟まで行けるのは1割 

  医療裁判での患者側の勝訴率は2割。
 1円でも賠償が認められれば勝訴とカウントする。
 勝訴は、10%×20%=2%

 だから当該病院は、私の 『痛み・めまいが治らないのは何故?』 に対して、『最初から生贄にするつもりだったのだ、バカ者・・・!』 と言う代わりに 『医師の裁量』 という言葉を投げつけたのですね。勝ち誇って嗤っていたのでしょう。

 結婚して医者を辞めてしまうような女医のために、人体実験の材料として利用しようと患者を罠にかけた。後は恫喝して逃げきろうという魂胆。結婚への餞(はなむけ)だったのでしょうか。
 
 騙されて人生を粉砕されても、被害届を出すことすらできない仕組みになっているのです。
 
 人を見たら泥棒と思へ。
 医者にかかるときはペテン医者だと思へ。 


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 『楽なログ』(井上静さんの公式ブログ)から拝借しました http://ruhiginoue.exblog.jp/21208884/

担当裁判官も宝くじと同じように決めるべき
 2014年 01月 02日

 先日の年末ジャンボ宝くじで思った。宝くじそのものにある様々な議論ではなく、その当選番号の決め方だ。これは、不正がないように公開の場でダーツのようにしているのは周知のとおり。
 これと同じようにして、訴訟の裁判官も決めたらどうか。そして、裁判官が異動や死去や傷病などで交代するさいも、同様にする。
 そうすれば、裏工作で不正専門の裁判官があてがわれるとか、悪意の裁判官が途中から割り込んでくることがないので、少なくとも今よりは公正になるだろう。
 前に実例を出したが、(こちらを参照)この、東京地裁の医療集中部で部総括判事だった貝阿彌誠裁判官は、医療裁判を専門にしているとしながら、いつも悪徳医師側に偏向した訴訟をするので、馴れ合いか買収だと昔から言われ続けてきた。
 そんな彼が、自分は専門だからと途中から割り込んだ訴訟の中に、実は医療裁判ではない、という例がある。医療裁判で敗訴した病院の医師が、その腹いせに患者の個人情報をインターネットに漏洩させたというものであった。
 そして、それまでの裁判官の公正な訴訟指揮を強引に逆転させ、訴訟を途中で打ち切りいきなり判決としたうえ、個人情報を漏洩させても気づかない人が多いから違法ではない、という非常識な内容だった。
 これが露骨な不当介入であることは、説明を要しないだろう。
 こういう裁判官がいるから、たちの悪い医師たちが反省もせず同じことを繰り返し、人命が合法的に奪われ続ける。だから、このような裁判官のほうが強盗殺人犯よりも害が大く悪質である。
 それを少しでも改善するためには、担当裁判官を決めるには宝くじ当選番号のように公開でダーツとしたほうが良い。今よりは少しだけど確実に良くなるはずだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 金のために患者を生贄にして、得た金で裁判官を買収?
 
 医者に騙され、裁判官にもてあそばれたら、憤死するしかない。

 仕事人に頼むしかないと言う世界です。
 時代劇は、本当は今の時代のことなのですね。
 

 汚染米も使っていた。
 徹底的に『医は算術』の病院。

 退院の二日前に廊下で小さな謝罪文を見つけた。入院してからでは手遅れ。病院の外に貼り出しておくべきである。せめて外来患者には分るように。
 汚染米を使うような病院だと知っていれば、入院・手術などとんでもない。検査さえ受けたくない。


ご声援ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 西宮情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。