治外法権? 

 礼儀正しい挨拶をしたのが間違いのもと。

 この患者に対しては何をしてもかまわないと医師は確信したのだろう。

 患者をモノのように見なす医師に対しては、司法も警察も共犯者になる。

 日本国にいる日本人は助けてもらえない。

 敗戦国に生まれるということは、こういうことなのか。

 『騙されるほうが悪い』という価値観に覆われている。

 いつの日か、『日本を取り戻す』 ことができるのだろうか。



スポンサーサイト

天皇陛下の荷物を開けたフィリピン税関の『無礼』(独眼竜国際ジャーナル) 

皇陛下の荷物を開けた フィリピン税関の「無礼」
2016/02/12  08:28

天皇陛下の荷物を開けた フィリピン税関の「無礼」
2月12日(金)7時3分配信

天皇陛下の荷物を開けた フィリピン税関の「無礼」〈週刊朝日〉
国民の不満が爆発して大きな話題に?(※イメージ)
「日本の天皇を歓迎するレセプションに使用するための外交上の封印袋をマニラ国際空港の税関職員があやまって開けてしまった」

 天皇、皇后両陛下のフィリピン訪問を翌日に控えた1月25日、有力全国紙の「マニラ・ブレティン」がそんな“特ダネ”を1面で報じた。

 外交関係に関するウィーン条約では「外交封印袋は開きまたは留置することができない」と規定され、「かなり強い効力がある」(坂元茂樹・同志社大学法学部教授)という。

 地元紙「インクワイアラー」など他のメディアも記事を後追いし、マニラではちょっとした騒ぎになった。各紙の報道によれば、陛下の袋は昨年11月30日に空港に到着。12月2日に開封され、中身は「レセプション用の酒や文書など」だったとされる。かかわった職員はすでに厳重注意処分を受けたという。

 ところが、本件について宮内庁に尋ねると、「承知していません。宮内庁から送った荷物ではありません」。外務省に聞くと、「陛下のために日本からフィリピンに送った外交行嚢(こうのう)がフィリピン当局により開封されたとの事実はございません」と、事実そのものがなかったというのだ。

 現地邦人向けの地元紙「日刊まにら新聞」も「荷物は日本から在比大使館宛てに送られており、酒瓶以外に安倍首相とアキノ大統領の写真アルバムなどが入っていた」と報じていた。

 まにら新聞の鈴木貫太郎記者は、記事の内容に自信を見せたうえで「マニラ・ブレティンはどちらかといえば政府寄り。書いた記者は私の友達です。親日家で、以前から天皇陛下の訪問を楽しみにしていました」と説明。記事掲載が訪比前日だったことについても、天皇陛下への悪意などなかったはずだという。

 さらにこう付言した。

「フィリピンでは以前から、すぐに賄賂を要求するような空港職員の汚職が問題視されています。今回の報道で、それに対する国民の不満が爆発し、大きな話題となったのでしょう」

 宮内庁や外務省について、前出の坂元教授はこんな見方を示した。

「陛下はフィリピンとの友好関係を促進するために行かれたわけですから、日本側としては、せっかくのご訪問に水を差したくないとの判断をしたのかもしれません。陛下のお気持ちを忖度(そんたく)したのでしょう」


関西テレビ中継車、給油待ち割り込み 

 産経west

 関西テレビ中継車、給油待ち割り込み ホームページにすぐおわび

【熊本地震】 .

 関西テレビ(大阪市)は18日、熊本、大分両県を中心に相次いでいる地震の取材をしていた中継車が17日午前7時45分ごろ、熊本県菊陽町津久礼のガソリンスタンドで給油待ちの車列に割り込んでいたと明らかにした。ホームページにおわびを掲載した。

 同社広報担当者によると、中継車には社員と委託先のスタッフら計5人が乗っていた。スタンドで中継車を写真撮影した人が「横入りされた」とツイッターに投稿した内容を、別の社員が見つけ、同社に報告した。当時の経緯など詳しい事実の確認をしている。

 同社はホームページで「被災地の皆さまが多大な労力を割いているなかで、あってはならない行為でした。社員、スタッフへの教育を、改めて徹底してまいります」とした。


******************


 ツイッターに写真投稿されたので、ばれてしまった。

 証拠が残らなければ、お詫びせずに済んだのに!。。。

 マスゴミ、どこまで被災者の妨害をすれば気が済むのか。空からも、地上でも・・・。

 被害が大きくなれば、商売繁盛。。。

 嬉しい!

 これがマスゴミの本性。。。 

 日本人が苦しめば嬉しくてじっとしていられない!

土下座外交(平和至上主義)のツケ 

敗戦利得者の高笑い。。。

平和至上主義。

土下座外交。

国民虐待。


未来を奪われることは、子供を殺されるのと同じ。 

悪意による騙し討ちが、心の翼を破壊した。

未来を奪ったのであり、魂を蹂躙したのである。

これを『医師の裁量』で許されるという。

説明を拒否。

広島の中3生徒を自殺に追い込んだ教師が隠れて出てこない。

生徒の言葉は伝えられていない。

『死人に口なし』。。。

教師が勝手に嘘八百を言い散らしている。

『生徒が悪い』と言いたいのだ。


『患者に問題がある』と言いたいペテン医者と同類。

患者を殺しても、見せかけの成績を上げたい劣等医者、死ね!

警察官が市民を強姦したら、『警官の裁量』で許されるのか。



『広島被爆地訪問を』 ですって? 

 『広島被爆地訪問を』 ではなく、『ウィグル被爆地訪問を』 でしょ!

 いま最も危険なのは、中共の核ではありませんか。

 広島訪問を今呼びかけるのは、中共の脅威から目をそらせる目的。

 中共の手先。

 中共に媚を売り、最終的には皇統断絶が目的。。。

歴史認識とは生存競争、戦争である。 

【2015/6/10 掲載】


インチキの野放しは許さない!


  日本人はナイーブ過ぎます。 おひとよしの日本人は、ついには打ち負かされてしまうのではと思うと胸が掻き毟られます。戦争は終わってはいなかったのに、日本人だけが平和になったと勘違いをし、誤解をさせられて、『平和を希求』してきました。しかし、彼らは常に掠奪によって生きて来ました。掠奪するかされるか、殺すか殺されるかしかないのです。



 歴史とは、一方の人間が他方の人間に対して精神と力のいわゆる優先権を持とうとする試みであり、法と自由のイデオロギーによって偽善に覆われた生存競争であり、厳粛さと空虚さとを賭けて互いに競い合う新旧の人間の義の浮き沈みである。
 神の裁きは歴史の終極である。一滴の永遠は時間に支配されている事物の海全体よりはるかに重い。(カール・バルトの神学から)


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
ご訪問ありがとうございます

ペテン医者の野放しは許さない!

性善説だの性悪説だの・・・ 

 性善説だの性悪説だの言っているのは、お人よしの証拠。

 正真正銘の悪人、悪魔にとっては、性善説も性悪説もない。

 これからは相手を悪魔だとの前提で付き合わなければならなくなる。


 大量の観光客受け入れは移民受け入れの予行演習。

 日本が日本でなくなる。現在も進行中。

 在日外国人の数は、虚偽データに基づいている???

 世界が一つになってしまう。

 恐ろしい。

 外国人と手を組んで成り上がる一握りの金持ち・権力者に奴隷支配される。。。

 




司法を国民の手に 

 
 ブログ 頑張れ産経新聞 から
 
 人間は人工知能と共働できるか/中西寛:所詮道具だから利用するだけだ。しかしその知識の集積性、高速索引性、分析力は人間は到底叶わない。自動車と同じだ。

 応用分野の一つは法律だ。司法を国民の手に戻す。各国で密かに形成されている司法関係者の貴族階級化を許さない。


************

 宗教課税に加え、公務員や公的機関に属する者は宗教など横の繋がりを国民へ全面開示することを義務付けないといけない。

 原告の裁判を担当する判事が何者であっても関係ない。都合が悪くなると移動する。原告は裁判費用だけ取られて、心を弄ばれて、物心ともに疲弊するだけ。創価学会が日本を支配している。法治国家とは言えない。

 出世したい裁判官は、最高裁の顔色を見て判決を下す。被害の事実も証拠も関係ない。そもそも書類を読まない。すべての書類をきちんと読んでいる時間がない。裁判官の数が圧倒的に少ない。

 裁判官の数が少ない方が都合がよいのだろう。内部のことが国民に知られないようにするためには。 特殊な関係のことや裏金のカラクリのことなど。。。
 

  バカバカしい。。。

ロボトミー手術 

  騙して嬲りものにした患者の怒りを取り除くためには、医学的に解決するには ・・・・・・ ロボトミー手術。。。

 脳外科医なら、餌食にした患者の怒りを解決するには、ロボトミー手術だと考えるだろう。